秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

以和為貴(やわらぎをもってとうとしとなす) 

DSC07115.jpg
(大晦日の米代川 遠くは白神山地)

 大震災・大津波、原発事故を初めとて文字通り大波乱の年となった平成23年(2011年)も後数時間となりました。今年を表す言葉は「絆きづな」だそうです。大震災以来、地方行政をはじめ側、国民(民間)レベルでは、被災地に対する迅速かつ継続的な支援体制が作られ、多くの人達が議運金を初め、支援物資の提供、ボランティア活動など、一年前では予想もつかなかった事ではありますが、お互いが助けあう思いが今年ほど感じられた年はなかったと思います。毎日報道される被災地の惨状を見て、何か自分に出来ることがあればという思いを持たれた方も私だけではないでしょう。
 このことは、日本人の国民性である助け合いの精神が私たちの奥底にあり、それが今回の震災をきっかけに響き合ってきたのではないでしょうか。
DSC07097.jpg
(被災した大船渡市中心部 12月23日)
 また、7月の女子サッカーのなでしこJAPANが絶体絶命のピンチからまさに沢主将の神がかり的な起死回生のシュートで同点に持込も、最期はPK合戦の末アメリカを破って初優勝したことも、記憶に新しいです。個々の選手を見れば体格や運動能力では劣っているのは否定し用のないところですが、だからこそ圧倒的な力の差で敵をねじ伏せるというのではなく、巧緻なチームワークでぎりぎりのところ、あるいは一回は負けても再度這い上がって最期には僅差で勝利する….これは、日本が世界一になったときの共通した「形」でははないでしようか。
 最近では、北京オリンピックの時の女子ソフトボール、WBCの日本チーム、
あるいは、ミュンヘンオリンピックの時の男子バレーボールチーム

これらの事象は、日本人が共通に持っているDNAのなせる妙技にほかならないでしょう。その同じ感受性が震災の自主的な支援活動にも通じるものが有ると思っております。

 タイトルにある「以和為貴」は、かの聖徳太子の十七条憲法の最初の第一条に出てくるものです。

*読み下し文
 一に曰く、和(やはらぎ)を以て、貴しとなし、忤(さからう)こと無きを宗(むね) とせよ。人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし。ここをもって、あるいは君父(くんぷ)に順(したが)わず、また隣里(りんり)に違(たが)う。しかれども、上(かみ)和(やはらぎ)下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに楷(かな)うときは、すなはち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

*現代語訳
 むやみに反抗することのないようにせよ。それが根本的態度でなければならぬ。ところが、人には其々党派心があり、大局を見通しているものは少ない。人々が上も下もやわらぎ睦まじく話し合いが出来るならば、事柄は自ずから道理にかない、何事も成し遂げられないものはない。

今から1407年も昔の推古天皇の時代につくられたものですが、読んでいる自分にも思い当たること多く、また政治(まつりごと)に関わる方々には是非ご一読願いたいと思った次第です。前杰つの相互扶助やスポーツにも共通するこの精神こそが日本人たるアイデンティティーではないか、と感じています。

 私的な部分も若干含め今年の重大な出来事を列挙してみます。

1.東日本大震災と大津波、それに続く原発事故 3月11日
2.口腔保健法案成立     8月2日
3.能代市で児童生徒のう蝕予防のための「フッ化物洗口事業」開始
4.TPP参加表明      11月10日

上記のうち、TPPは、以前「第三の開国」と言われていた事案なのでしょうか。喧伝されている農業ばかりではなく、医療も含めわが国の大きな課題となることと思います。これに対しては賛成、反対と諸説出ているようですが、既得権益や現体制を守るという保守的なものではなく、日本の「国柄」をもう一度考え、叡智を集める必要が有るのではないでしょうか。
*「第三の開国」に関しては、ブログ日本を今一度洗濯いたし申し候 が参考になります。

 では、今年は、この辺で区切りとさせていただきます。来年は皆が良い年になりますように....

PAGE TOP

年の瀬を迎えて 

DSC07013.jpg 激変の年となった、平成23年ももはや「師走」を迎えました。12月9日の朝方には能代でもまとまった積雪があり、今シーズン初めての銀世界となりました。
 以前何かで読んだのですが、皆、明日は今日の続きと思っているが、明日になれば「昨日」とは全く違った事になっているかもしれない....ということが実感させられました。
 幸い、と言えるかどうか秋田では東日本大震災の直接の被害はなかったものの、今年1年はおそらく昭和20年の終戦の年以来の衝撃を受けた年だったのではないでしょうか。今思えば大災害を受けたことと共に、大きな変化が間近に迫っていることが実感させられたのは自分だけではなかったと思います。

 前回のエントリー(内容がまとまりにかけていたという反省)にも出しましたが、来年からはTPPによって大激震が日本を襲うことになりそうです。これも当初から言われていた農業分野だけではなく、医療分野にも、株式会社の参入、混合診療、外国人医療スタッフ、薬価改訂等々....大きな影響を及ぼしそうです。
 あまり書きすぎると自分の仕事を心配していることしか出てこないので、あえて控えさせていただきますが、ひとつ言えることは日本人の命を守ってきたといえる国民皆保険制度が、少子高齢化や、税収不足、高額医療費、公的負担等大きな問題を抱えながらも昭和36年以来存続してきたものが、大きな曲がり角に来ている事は確かなようです。公的医療保険制度が無いアメリカでは医療費が支払えないための破産があいついでいるとの話です。(以前クリントン政権時代に医療保険を導入しようとしていたようですが結果的に頓挫したようです。)

DSC07015.jpg TPPは「グローバルスタンダード」という言葉を錦の御旗として、攻めて来るようですが、これまでの歴史を考えると世界全体として同一の基準、方式でやっていけるのかと思
たりもします。
 来年も地域の一医療機関として、診療や公衆衛生活動を通して地元の方々の歯の健康を守っていけるよう、そしてまた、被災地で、命は助かったものの、家族や友人、職場、住んでいた街を失い、必死になって再興に尽力している方々にも微力ではありますが、個人として出来ることは活動をして行ければと願っております。
では、皆さん 良いお年を

*クリスマスプレゼントです。
X'mas Express 


PAGE TOP

TPPに想う 

最近、議論が沸騰しているTPP(環太平洋パートナーシップ)について、国会審議の後日本政府は参加を表明して、APECに出席致しました。参議院の質問では、社民党の党首が頼もしく見えたのは自分だけではなかったと思います。ご承知のようにこの中には以前から報道されている農業だけではなく医療も含まれているようです。
 この影響としては、薬の承認、薬価の問題や、混合診療の導入などがあって、現行では日本が世界に冠たる制度と唄われている「国民皆保険制度」が、大きな試練を迎える展開になるかも知れません。
先週末の総理の参加表明の前のやりとりについては、ともかくも、今思えばこのことは「既定路線」ではなかったかとようやく気がつかされました。それは前総理が就任直後に「平成の開国、第三の開国」というフレーズを使っていたことです。世の中の大きな変化は、予見や予兆があって、徐々に変わるものもあれば江戸時代のペリーの浦賀来航(このことは1年前から予告されていたようですが..)、また終戦後のGHQによる制度改革や先日の大震災のように突然起きるものもあるようです。
 国民皆保険制度が全ての基盤であった(自分も含めて)医療機関にとって、いくら医師会・歯科医師会などが反対を訴えても、すでに「乗ってしまった船」で大きな変革が訪れようとしている感じです。また、社会保険制度ありきの前提で医療機関側が「胡座」をかいていなかったか、ということを自問する良い機会であるとも言えるでしょう。

 日本は、また今まであるはずのものが急になくなるという現実を受け入れることになるのでしょうか。この世の中全般あり方 が 変化に耐えられるかどうかは、舵取りをする政府が国民と信頼関係が出来るようになり私たち一人一人がそれぞれの立場でこの状況に立ち向かう姿勢が必要とされていると思います。単純に利益か損失かという算段だけではなく今までの延長線上にはないことも心して「日本国のこれから」を生き抜く叡智が必要とされていると思います。
参考資料

PAGE TOP

三陸復興のテーマソング「45号線」 

 DSC06721.jpg東日本大震災からもう、7ヶ月が過ぎました。被災された方も当初の体育館などの避難所生活からほとんどが仮設住宅に引っ越したようです。ニュースなどで報道される機会も次第に少なくなってきているようです。秋田では
ほとんど被害がなかったので、他人事、過去の出来事と言う雰囲気も有るようです。
道路やライフラインが復旧し、目障りな瓦礫もかなり片付いてきているので一見落ち着いたかにも見えますが、被災地へ何度か足を運んでみると、震災は「現在進行形」であり「一日24時間被災者」であることに違いはないと思います。

DSC06740.jpg 
能代市では銀河連邦のメンバーとして、大船渡市と相互防災協定を締結した関係にあり、震災直後から継続的に支援活動を行い、市の職員始め多くの市民もボランティアとして活動を行って来ました。現在は市民活動支援センターが中心となって「大船渡市に千羽鶴を贈ろうプロジェクト」を行なっております。市長さんからも鶴を折ってメッセージを書いていただいたそうです。10月8-9日に開催された能代市民活動まつりの様子は、同センターのブログに詳しく出ております。
 当院もこのプロジェクトに協力すべく、スタッフをはじめ待合室の患者さん等にもお手伝いいただいて鶴を折っております。

 大船渡市出身のシンガーソングライター濱守栄子さんが、東日本大震災で故郷の惨状を目の当たりにして、ふるさとのために何かしたい...という思いからできた渾身の曲です。歌詞には、45号線の風景が浮かんできます。紅白歌合戦にも出て歌って欲しいのは私だけでしようか?



東日本大震災チャリティCDとして、売上金の半分が支援金として寄付されます。
(CDの画像をクリックするとAmazonへ)
45号線CD

津波の映像の前で熱唱する濱守栄子さんのライブ映像----途中で涙声になりますが、故郷に対する溢れる想いが、聞く人の胸を打ちます。



*濱守栄子さん official HP
*ブログ 俺とお前とはまごろう

PAGE TOP

Jobs still alive!! 

jobs

 私も愛用しているパソコンの製作者であり、最も尊敬している人物の一人であるAppleの前CEO(最高経営責任者)であったSteave Jobs氏が10月6日に逝去されました。数年前から闘病生活で、顔も体も全盛期からみると、げっそりと痩せてしまったのには気がついていましたが、まさか、こんなに早くとは、それにしても56歳とは若すぎます。きっと脳裏にはたくさんのビジョンを温め、かつ進行中のものもあったと思います。
自分は16年前からmacユーザーですが、Jobsのスゴイところは、パソコンメーカーとしてではなく(会社名も Apple computer.incから The Apple incに変更)、iPod iTune iPhone iPad とITテクノロジーを駆使して私たちの生活そのものを変えてきたと思います。
10月12日夜7時30分からのNHK「クローズアップ現代」ではスティーブ、ジョブズ氏(番組では「さん」)追悼の特集であった。元Apple日本人副社長や話題の携帯電話社主が登場していた。タイムリーなiPhone,をはじめipod、iPadなどが紹介されていたが、何か物足りないと思ったのは私だけでしようか。。Apple起死回生の逆転弾となったのは、1997年ののおむすび型初代iMacにあったと思います。性能、デザイン、価格の全ての点でコンピューターの未来を提示した衝撃は、今でも鮮明に憶えています。
iMac

 彼については世界の沢山なの方々から、哀悼の意とコメントが寄せられています。その中には、早くもjobs氏を神格化したものも見受けられるようですが、彼がどん底からはいあがってきたり、人間関係で葛藤している人間臭いところが好きです。日本人的な感覚で言えば、アメリカの松下幸之助氏だったのかもしれません。

ジョブス語録から
・「失敗を覚悟で挑みつづける。それがアーティストだ。ディランやピカソはつねに失敗を恐れなかった」 
・ 「情熱がたっぷりなければ生き残ることはできない。それがないと人はあきらめてしまう。だから情熱を傾けられるアイデアや問題を持っていなければならない。正したいと思う誤りでもよい。さもないと、こだわりつづけるだけの忍耐力が持てない。がまんさえできれば、うまくいったも同然なのだ」



スタンフォード大学の卒業式でのJobs講演は、おそらく伝説となるでしょう。



日本語訳は このブログにあります。

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。