秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

開業して14年 

 前回のエントリーから2ヶ月が経ってしまいました。この間には個人的には学会の出席や講演の準備などがありました。また6月14日の岩手・宮城内陸地震の時には、丁度朝の朝礼が終わったところで、短い縦揺れの後に長い横揺れが感じられました。自身の震源に近い、奥州、一ノ関、栗原、登米には同級生や知り合いが結構いるのでメールなどで無事を確かめました。5月の終わりに日本海中部沖地震から25年というテレビ報道があり、また新潟では3年のうちに2回も大きな地震に見舞われており、日本列島も活動期に入ったのかと思わせられました。また、7月11にはappleからiPhoneが発売されました。appleフリークとしては大いに関心があるところですが、携帯電話わ余り使わないので、毎月の使用料の高さがネックとなって、今の所様子見と言う所です。
さて、7月6日は平成6年に開業したみどり歯科医院の14回目の誕生日でした。14年というと、その年に産まれた子どもが中学2年になるわけで改めて月日の流れを感じております。
開業して数年は、スタッフの確保と定着が大きな課題でした。なかでも「リコール」という定期健診のシステムの確立に試行錯誤を繰り返していました。その実現にはスタッフを含めた医院全体での教育、研修が必要と言う事が分かり、平成14年頃からその実践に取り組んできました。その結果、開業当初とは、診療のスタイルが一変し、より計画的な診療の流れが出来つつあります。
 現在は、院内での診療だけではなく、地域保健(公衆衛生)の向上に関心を持つようになり、行政関係の動向に注目しながら、身の回りで出来る事からと活動を進めております。
しかし、忘れてはならないのが開業のときのみすみずしい志ではないかと思っております。経験を積む事と日常に流されてしまう事は全く別ではないでしょうか。偶然にも6月には大学の同期会、と高校の同窓会が数日の間に行われました。大学の同期会では、卒後25年を経たにもかかわらず再会した瞬間に、かつての学生時代そのままの感覚で話が弾み、青春時代を共に過ごしたことが時間を感じさせない共感を育んでいたようです。また高校の同窓会では古くから地域を背負ってきた古豪校の誇りとバンカラで名を馳せていた猛者たちの昔話に愛校心とノスタルジアを感じさせられました。
かつて、「ふるさとは遠くにありて思ふもの」と室生犀星が詠んでいますが、「遠くにありて」は地理的なものだけではなく、時間的な距離も有るのかなと感じられました。開業した頃のの30代の志、そして現在の時点でも、心新たに志を持ち続けたいと考えています。

 




スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/72-eafbdfd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。