秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

フッ素洗口に関する二つの報道 

今月は新潟の地震や、今日投票日の選挙など落ち着かないところで終わりそうです。当院としても、開業記念日や学校での歯の健康教室、来訪者などでほんとうに慌ただしく過ごしております。7月も下旬ですが、秋田は未だ梅雨明けをむかえておらず、夕べは肌寒いくらいの気温でした。むしろ梅雨入りする前の方が夏らしい天気が多かったように思えます。
さて先週、ちょっと残念なニュースが有りました。むし歯予防に有効とされ、秋田県内を初め、全国的に実施が拡大している「フッ素洗口」ですが、能代山本地区では進んでいないという記事が7月26日の地元の新聞に掲載されておりました。フッ素洗口を含めたむし歯予防の取り組み方を問う内容である事は確かですが、「中毒を懸念」「賛否両論」と大きな見出しがあり、安全性に対する不安が影響しており、今後の対応が必要と思われました。
 一方、同日に報道された福島の新聞では福島県の西郷村ではフッ素洗口の効果で20年間でむし歯のない児童が10倍に増加したとの事例が有ります。ここでもやはり当初は先進的な取り組みだったために学校関係者の理解を得る事が大変であった事や、県行政のバックアップが大きかったこと、また村の保健師からは継続が大事とのコメントがあり、大いに参考になると思います。フッ素洗口の真実はここに有ります。むし歯予防を通して地域の方々の健康に寄与する効果は極めて大きいものがあります。何故にこの違いが現れるのでしょうか。秋田の地域保健の推進を願う一歯科医師として、そして一市民として正しい事実をたくさんの方々に知っていただくことを切に願う次第です。
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/55-b9a2d702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。