秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

6月の終わりに 

能代港


 紫陽花の月もあっと言う間に終わろうとしています。今月は東北にしては暑い日が多かったのが印象的です。上旬は歯の衛生週間に関連したニュースが各地の新聞などで報じられておりました。たとえば、札幌、宇都宮のカバの歯磨き、富山の歯磨き体操、福島の劇団ムシバ、静岡の歯によい食事、神奈川の奥地の健康相談…等々盛りだくさんの行事が行われたようでした。地元の秋田では「親子よい歯のコンクール」やが報じられましたが、今後は地域に対して歯の健康やむし歯予防を呼びかける積極的な働きかけが望まれるところです。その矢先、6月25日は、地元の新聞の医師会による医療情報のコラム「聴診器」に歯科の話が掲載されました。執筆している福山先生は、大変にエネルギッシュな先生で、在宅診療や高齢者の口腔ケアー、また漢方薬についても高い見識をお持ちの先生です。今後のご活躍に期待しております。
養護1


昨日6/27には、学校歯科医をしている学校で、保護者を対象に歯の健康や治療についての講話を行ってきました。自分でもいろいろ調べ物をして勉強になりました。参加していただいた保護者の方には心より感謝申し上げます。出来れば、実地トレーニンとして実際のブラッシングについての指導を行う機会が有ればと考えております。
養護2


 今年の歯科関連ニュースの中でも白眉なのは、6月3日に新潟県知事のメールマガジン「たがいににいがた」84号にあった、「7年連続日本一!12歳児のむし歯数」でした。新潟県は37年間続いているフッ化物洗口など早くからむし歯予防に積極的に取り組み、とうとう昨年は12歳児の一人当たりの平均ムシバ本数が0.99本と1本を切るという快挙を成し遂げました。
一部ご紹介しますと

 県がむし歯予防に積極的に取り組み始めてから、昨年で25年が経ちまし
た。この間、治療済みも含めた12歳児のむし歯総本数は1/5以下に減り、
むし歯を1本も持っていないお子さんは3倍に増加するなど、驚くほどの
成果を挙げてきました。

 この快挙が成し遂げられた理由として、3つのことが考えられます。

第1に、歯科医師会と行政が一体となって、全国に先駆けてすすめてき
たフッ化物(フッ素)洗口による予防です。
第2は、これも全国的にも珍しいのですが、学校と歯科医院との連携に
より、そもそもむし歯を作らないようにするという活動を全県下で取り組
んできたということです。
そして第3に、県民の皆さんの歯科保健への関心が高まってきたことが
挙げられます。

やはり、地域保健の推進の原動力は行政の力が大きい事がよく解りました。そして、それを関連組織と連携して継続してきた事です。様々な課題を乗り越えてこのような実績を上げる事が出来たとものと思います。「継続は力なり」ですね。昔の予備校時代を思い出された方もいらっしゃるかもしれませんね。我々も後に続きたいものです。


スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/52-9adfdc49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。