秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

カーペンターズ 4月20日NHK総合TV プレミアム10 から 

 連休なので久々に心身ともにリラックスしています。自由な時間のありがたさ、贅沢さを感じるなんてしばらくない事でした。
カーペンターズ

 先日、NHKのテレビ番組でカーペンターズの特集をしていました。放映は見る事は出来なかったのですが、録画を見ると、懐かしさに時間の経つのを忘れていました。本日4/30の読売新聞にもやはり40代の方から「心癒されるカレン(可憐の字がぴったり)の歌」と投稿が有りました。同様5通とありましたから、この番組が与えたインパクトは大きなものが有った証でしょう。我々の知らなかった、デュオの後半部分の苦悩と病の時期の話は、なんとも言えぬ悲しみに襲われた感が有りました。
 そして、なぜか、カレンがソロアルバムを作るためにニューヨークへ行ったときの話では、そのプロでデューサーがフィル・ラモン氏で有る事が、なんの脈絡もないままに脳裏に浮かび、本当に彼の名前が出てきたときには驚きました。
 あの番組で本当に当時70年代に音楽好きだった高校生であった自分の過去が蘇ってきた思いです。カーペンターズサウンドの特徴は、兄リチャードの緻密な編曲とオーケストレーション、たとえば管楽器のオーボエやクラリネット、サックス、フルートや、スパニッシュ・カスタネットの効果的な使用はとても斬新なもので奥深い音楽性の実力に裏付けられたものでした。そして、一曲、一曲にけっして手抜かりが無く(往時のロックバンドのLPを聞くと、穴埋めのような明らかに手抜きあるいは遊びのような曲が何曲か散逸している)また、個人的にはリードボーカルのカレンの歌声の魅力は豊かな肺活量に支えられた深い響きの低音部にあると思っております。さらに、当時最先端の技術であったマルチダビングを使用して、カレンの声がハーモニーで聞こえる効果もとても魅力的でした。
 こうして、思い出してみると当時使用していたラジカセの色、形、そして重さや使っていたカセットテープの銘柄、録音ボタンの硬さや、ボリュームつまみ(スライダー式のバリオーム)の癖や、レベルメーターの振れ等がありありと脳裏に浮かんできます。私にとっても「カーペンターズ」は青春の輝きであったことに相違はないでしょう。
まさに、イエスタディ・ワンスモアです。個人的にはSuper StarやTop of the worldと言ったビッグナンバーもさる事ながらGoodby to Loveという曲が大変気に入っています。
コーラスが終わった後に、雷鳴のようなドラム(バスタムのチューニングが念入りでヘッド(皮)とボディ(胴)が見事に共振しています。)の音の後、リードギターの長いアドリブがはいるのですが、このギターの「歌うフレーズ」が最高です。ぜひお聞きください。!!
youtube はこちらです。
**コンサートの映像ですが、ストリングスとバンドが合っていない様に聞こえるところが有ります。また ギターも残響か?妙なエコーで聞こえているところが残念です。ドラムスの音もちゃんと拾ってもらいたかったですね。CDの方がディティルがはっきりと解ります。
我が青春のカーペンタース゜でした。
*先週から診療室のBGMにもカーペンターズを加えています。
カーペンターズ ファンサイト
 +ネットで検索すると4/20のNHK「プレミアム10」に関するブログのコメントがかなり多数有ります。ほんとに良い番組でした。
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/43-bd654e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。