秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

夜の急患 

 昨日の夜、医院の電話が鳴り、治療中の患者さんから痛みが有るとの事で、来院していただきました。以前からの歯肉の炎症が再発したようですが、幸い直ぐに処置を要するほどでも無く、まず鎮痛剤などを飲んでもらい、月曜の朝に診療する事としました。思い出せば、この数年は少ないものの、開業当初2,3年は休日、夜間を問わずけっこう急患が来ました。ある年の正月などは一日に5,6人も応急処置したものでした。以前当院で治療を受けた患者さんもいらっしゃいましたが、「急患-新患」の場合も有り、なぜ当院に来たかと尋ねると「知り合いが、今日こちらで見てもらったのでやっていると教えてくれた。」との事で苦笑した事も有りました。夜間や休日におこる突然の歯の痛みほど堪え難く、「跋苦与楽」がこれほど望まれる事もありますまい。
 もう15年ほども前ですが大学にいた頃は口腔外科の当直医で、夜間や休日に救急センターに駆け込む患者さんに対応をさせていただいた経験が有ります。大部分が歯痛や治療中の仮歯がとれたようなケースが多いのですが、時には交通事故や外傷も救急車で搬送され、大変な思いをした事が有ります。「野戦病院」と揶揄する向きもあったようですが、24時間365日全くフルタイムに対応する救急センターの仕事に関われた事は貴重な経験であり、ドクターの端くれとして「医師とは自分の能力と時間を患者さんのために尽くす仕事なのだ」と考えておりました。このような施設を整備、管理していたその当時の岩手県行政と母校の大学の英断には、改めて敬意を表したいと思います。そして、いつも大学では後輩たちが、今のこの瞬間も待機していることをいつも忘れないでおります。有る意味で医療の原点がここに有るのではないでしょうか。そう言えば、テレビドラマ「ER」はまだやっているのでしょうか。
 ふと、そんな想い出を呼び起こさせてくれた患者さんにも感謝致します。
(もし痛みが無くなっても必ず来院して下さいね!)
スポンサーサイト

テーマ: 雑記 - ジャンル: ブログ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/4-07220bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。