秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

AEDの設置と救命救急の研修 

imageAED.jpg


平成18年12月から当院の待合室にAEDを設置いたしました。現在のところ大人用電極2組、ポケットマスク、レスキューセット(エアバッグ、開口器、エアウェイ)、救命救急マニュアルおよびDVDを配備しております。医院の近隣での緊急時やご要望があれば貸し出しも致します。
 12/9の午後に院内研修として、スタッフほぼ全員で救命救急の研修を行いました。これは、以前から医療従事者は、とっさの時に救急処置が出来るべきべきであると考えていた事と、今後、高齢者、有病者の患者さんが増加する事が明らかであり、院内で倒れた場合等の手順を確認しておく必要が有るとの考えからです。聞いた所によると話によると、歯科の治療中に具合が悪くなるのは、治療中ばかりではなく、待合室にいる場合に倒れた例が有るそうです。
救命2


 私は、11月にACLSコースの研修を受講しました。講義の中で、日本にAEDが普及したのは、平成14年に皇族がスカッシュの練習中に心不全を起こして急逝した事がきっかけになった事や、都営地下鉄や国内線の旅客機、高速道路のサービスエリアにはAEDが装備されている事、また、秋田では来年の「わかすぎ国体」を契機に各所のスポーツ施設に配備が進んでいる事などを知りました。今後も学校関係などへの配備が進んでいくそうです。
救命3


 さて、当日の研修は能代消防署から救急救命士の方に出張してきてもらいました。と言っても消防署と当院の間はたったの300メートルほど、昼のサイレンや消防士さんのトレーニングの時の掛け声も良く聞こえます。
初めには、シミュレーターを使用して人工呼吸と心臓マッサージ法(CPR)を各自行い、その後、二人一組でトレーニング用のAEDを使った救命法を実習しました。その後、異物の除去や簡便な患者の移動方法などについて学び、3時間半があっという間に過ぎてしまいました。救命士の方の話では、意外と歯科医院からの救急車依頼が有る事や、119番通報は最寄りの消防署につながる事、スポーツの場合は選手だけではなく観客が倒れる場合も結構あるとの事で、一同認識を新たにした次第です。
AED4


 当院のAEDはAHAの2005年ガイドラインに対応しており、待合室のテレビの下のボックスにポケットマスクと収容されています。ドアを開けると大きな警報音が成るので、くれぐれもいたずらには注意が必要です。

救命1

秋田のAEDの情報
NPO法人AED普及協会
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/22-89d0ad03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。