秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

平成22年度 フッ化物洗口普及啓発研修会 

DSC04749.jpg

ブログの更新が1月の年明けで滞ったままに成っておりました。この間に講演の準備やら、学生の講義、研修会等等と年度末に掛けて出かけたり、他の役職も忙しくなったりで忙殺されておりました。短くても少しの時間を見つけて更新していく事が必要ですね。

 2月10日(これを書いている3月からは6週間前ですが、この頃はとても雪が深かった)
秋田市でフッ化物洗口普及啓発研修会が開催されました。
会場は秋田市のふきみ会館でしたが、最後列までぎっしりと席が埋まり140名ほどが出席したようです。
 講師には国立医療保健科学院口腔保健部室長の安藤雄一先生を迎え、「フッ化物洗口の有用性と生涯歯科保健於ける重要性」と題してご講演をいただきました。
特に
・ むし歯予防においてエビデンス(根拠)が高いのは、歯磨きや砂糖の摂取制限よりもフッ化物の応用である
・ フッ化物の応用には全身応用として水道水へのフッ化物添加や、食塩への添加、フッ化物補充のための錠剤・液剤がある
・ 局所応用として虫歯予防にはフッ化物洗口、フッ化物塗布、フッ化物入り歯磨剤があり、世界の先進国での虫歯の減少に貢献している
・ 歯と口の健康作りでは、80歳で20本の歯があれば何でもかめる、噛めない人は食品・栄養摂取のバランスが悪い、間食回数が多い子供は食品・栄養バランスが悪い、早食いが肥満の原因
・ 小児期に於ける虫歯予防の意義としては、学童期では罹患率が最も高い疾患はう蝕(虫歯)、虫歯は歯の交換期(小学生)以降からずっと増え続けていく、一度虫歯に成って治療(削る)と再治療の繰り返しとなり、決して健康な状態に戻る事は無い、歯が失われる原因にはう蝕(虫歯)が最も多い
・ フッ化物洗口が最も早くから実施された新潟県弥彦村では小児期(保育園から中学生)までフッ化物洗口をした場合、31歳の時点で抜歯された歯がなかった。それに対してフッ化物洗口を実施しなかった人では0.74本抜歯されているというデータがある。
・ 学校や幼稚園・保育園等でフッ化物洗口を集団的に実施されている人数は、1983年に゜10万人ほどであったが、2000年以降急増し、2010年の調査では全国で4,479施設777,596人が実施している。
・ フッ化物洗口の集団応用のメリットは継続性が高い事と、歯科保健教育の題材に成る事である
・ 新潟県ではフッ化物洗口を実施している地域と実施していない地域を比較すると小学校6年生で一人当たりの虫歯本数は約半分である。また静岡県では保育所の5歳児でのみフッ化物洗口を行った結果、小学校6年生の時に洗口の有無により6歳臼歯のう蝕の率が22.3%対15.9%であった。
・ フッ化物洗口を途中で中止した場合には、継続した場合と比べ一人平均虫歯本数が3.6本対1.9本約2倍の違いが表れていて、フッ化物洗口を中断すると虫歯の発生が増えることが示された。
          ---中略-----
・ フッ化物利用の安全性の基本的な考え方
・ -1.フッ素は自然環境物質
・ -2.フッ素はヒトの健康に有益な物質
・ -3.フッ素の危険性は解明されている
・ -4.国内外の専門団体が応用を推奨している
・ -5.長期間・多地域での応用による実績がある
・ 「安全な化学物質」は存在しない。ただ安全な使用方法が存在する
・ フッ化物応用による害としては、慢性的な物として歯のフッ素症(斑状歯)、骨のフッ素症(骨硬化症)、急性の物としては中毒がある
・ 「絶対安全」な物は理論上ありえない。歯磨きでも子供が歯ブラシを加えて転んだりしてのどに刺さる事故がある。確立がどの程度であるか、低い確立を過大評価していないか見極める必要がある。

次にシンポジウムでは、秋田県で平成16年から行われた「お口ぶくぶく大作戦」当時に、フッ化物洗口を最も早く事業化した東成瀬村の小菅歯科医師から「フッ化物洗口を初めて7年が立ちました。そして、これから…」というタイトルで報告がありました。
講演の要旨
・ フッ化物洗口を始める前の平成15年では東成瀬村は秋田県全69市町村中で小学校1年生68番目、4年生69番目と最下位グループであった。
・ WHOが6歳未満のフッ化物洗口を禁止しているか原本を取り寄せて訳してみた。「6歳未満のフッ化物洗口が全て禁止ではなく、水道水にフッ素を入れている地域に付いてフッ化物の全体量によっては、歯のフッ素症のリスクに寄与するかもしれないので6歳以下の子供には推奨しない」と書いてあるが、東成瀬(日本)はフロリデーションを行っていないのでWHOの見解には当てはまならい。
・ フッ化物洗口では虫歯の発生が50%程度効果がある事がわかった。
・ 村の学校保健委員会でむし歯予防のためのフッ化物洗口を提案したところ村長がすぐに乗ってくれて、平成16年から5歳児に対する「お口ぶくぶく大作戦」と同時に小学校・中学校でのフッ化物洗口が実施される事になった。
・ 1年後のデータでは小学校1年生は秋田県42市町村中34番、小学校4年生では33番、小学校6年生では57番目に躍進した。
・ 中学校1年生では、平成18-19年 県内13番目が、平成20年には5番目に成った。
・ 意外な副産物としてフッ化物洗口をしていない1歳6ヶ月児で、平成15年では68番が平成17年に12番、平成21年には6番と順位を上げている。3歳児でも平成16年に4番、平成21年には3番と県内の順位を上げている
・ フッ化物洗口は口から始めるヘルスプロモーション
・ 地域医療とは、Area DentistryまたはCommunity Dentistryであるべきで、多職種に拠る恊働がテーマと成る

と自らの地域医療のフィロソフィーを披露していただきました。
その後、秋田県健康福祉部健康推進課の田村光平は主査から、秋田県に置けるフッ化物洗口の実施率の推移等が報告され、「中学校に於ける実施率では秋田県が全国一」
という報告には一同驚かされました。
DSC04753.jpg

その後、質疑応答が行われ、本年1月21日に日弁連が「集団フッ素洗口・塗布を求める意見書」に関する意見や、「WHOが6歳未満に対する洗口を禁忌としている」という反論、日本では虫歯が減ってきているのでフッ素洗口を推進する必要は無い、等の意見が出されましたが、この研修会で、
 1.フッ化物によるむし歯予防に於ける効果やその実績、安全性とリスクの話、
 2.WHOの6歳未満の記述に関して原典を調べた事や東成瀬村でこれほど虫歯が減ったという実績
 3.秋田県における虫歯罹患の現状フッ化物洗口の拡大の経過、フッ化物アンケートでは歯磨き剤に拠る予防の限界や、保護者が半数以上でフッ化物洗口がむし歯予防に効果があり、学校等での集団実施を希望している事

について、たった今の講演で説明されていたのにも関わらず、本当に何を聞いていたのか、疑がわざるを得無い発言と感じられました。
講師側はこれらの質問に対して
・ 日弁連の意見書に関して、弁護士は歯科に関する専門家ではなく、内容に間違いが多い、
・ 世界中の歯科保健の専門家がフッ化物洗口や塗布に関して効果を指示している事実がある。意見書は人権救済に対する申し立てではないのか。
・ 日弁連の意見書に従って、以後虫歯が増えた場合の責任はどうなるのか?
など、いわゆるグローバルスタンダード世界中でのむし歯予防の主流はフッ化物の利用にあるという回答が強調され、今後の虫歯予防にはフッ化物洗口を推進する必要性がある事が再確認されました。
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/123-68e93a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。