秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

12歳児の一人平均むし歯数が1.4本に、秋田市がフッ化物洗口実施へ動く 

雪1
 今年は、暖冬かと思っておりましたが、先週中ごろから急に降雪が多くなり、街は白く冬化粧とあり成りました。24日の夜は、写真のようなホワイトクリスマスでしょうか。今朝は、15センチほどの積雪となっていたため、今シーズン2回目の雪かきとなりました。気温が未だ比較的暖かいためか、重い雪でスノーダンプからさらりと落ちてくれません。手、片、腰に負担が来なければと思っております。
雪2

 院内の近況ですが、先月からBGMをちょっと変えました。それまでは診療室のe-Macに溜め込んだiTunesの曲をソースにして別のパソコンに付属していた2.1ch のオーディオシステムを使っておりましたが、奥行きの無い平面的な音色に耳が飽きて仕舞いました。たまたま、ネットオークションで、面白そうなスピーカーアンプを見つけたので、入札したらあっさりと落札となりました。
アンプ1
 そのシステムとは、スピーカー付きの2.1chアンプなのですが、おそらくウーハーの増幅に真空管を1本使っているのです。厳密にはICとのハイブリット式なのでしょうが、以前からいつかは真空管アンプと思っていただけに妙に愛着を感じております。もちろん、本格的な真空管アンプとなれば価格もそれなりですが、スイッチを入れてヒーターが暖まり、オレンジ色のほのかな光が漏れてくる様は、レトロな懐かしさと包容力の大きな人間を彷彿とさせる温かみを感じております。(懐かしさと温かみ―ノスタルジックな世界ですね)
アンプ2
 診療中は、音量を控えめに使っているのですが、スピーカーの再現性が良いのか、例えばボーカルが2部に別れたりする所が微妙なタイムラグ、ブレスの違いから気がつかされたり、弦楽ではボウイングの違いが何気なく聞いていても気がつかされる事が有ります。
 時に、夜に院長室で調べ物をしている時に診療室のステレオのボリュームを上げて聞くと、ハードフロアーの効果も有ってか本当に迫力があります。(特にホテルカリフォルニアとか長い夜)
 自分ではこれが自分へのささやかな賞与(ボーナス)と思っております。
 先週からは、インターネットラジオでクラシックのチャンネルを流しています。自分の好みの曲や以前聞いたことの在るポピュラーな曲がたくさん流れ、時折入るドイツ語のナレーションやクリスマス曲が時候とぴったりマッチしております。
時事新聞

 さて、歯科関係の話題ですが、12月17日の文部科学省の平成21年度の学校保健統計調査速報(報道ではなぜか”2009年”)によると、12歳児の一人平均う蝕(むし歯)本数の全国平均が1.4本でした。これは、25年前の4.75本が1/3に減少し、文部科学省に依れば「学校や家庭での歯磨き指導が効果を上げてきたのではないか」との事だそうです。
 厚労省は、先月の事業仕分けの時には「フッ素によりむし歯が減少」というニュアンスを使っていましたので、厚労省と文科省では見解が異なるのではと受け取られました。
 文部科学省の表現に在る「歯磨き指導」と言う言葉からは、歯磨きのみでむし歯予防がなされると受け取られる可能性も在ると思います。また、歯磨き剤をつけないで磨く「空磨き」を指導している場合も在るようです。
ご参考までに2つの資料をご紹介します。
WHO

WHOが示しているように、ブラッシングだけではむし歯予防効果は不明確であり、フッ素配合歯磨剤のむし歯予防効果が20-30%とあります。
また、全国で一番むし歯が少ない新潟県では12歳児一人当たりの平均むし歯本数が0.99本となった平成19年6月に、泉田知事からこのようなコメントが出されています。
泉田
 
 むし歯予防には第一にフッ化物洗口の実施、第二に学校と歯科医院の連携、第三に歯科保健に対する関心の高まりがあり、さらに地域、行政医療機関の連携を理由として挙げられております。このことは、「歯をむし歯から守る、むし歯を作らない」という県を挙げての取り組み成果と評価されております。新潟県の事例はむし歯予防に関するヘルスプロモーションの成功例として学ぶべきと思います。むし歯予防に限らず健康情報に関しても、本当に知るべき正しい情報がなかなか伝わらない現状が在ることを痛感させられています。

 さて、秋田に目を転ずると、12歳児の一人当たり平均むし歯本数は平成20年度秋田県平均が2.5本であり、全国平均からは1本程度多い傾向があると思われます。地域格差と言う言葉が頻繁に使われるようになりましたが、これも格差の一つで、所謂「健康格差」なのでしよう。全国的に見るとむし歯の頻度は、北海道・東北と九州・沖繩で地域的に多い傾向に有ります。資料<旭川市のHP>
 歯科領域における全国調査は、1歳半児、3歳児、12歳児における一人平均う蝕本数がありますが、秋田の場合はいずれも長年にわたって最下位グループが定位置となっています。資料<秋田県のHP>
  さらに「秋田県が乗り越えるべき指標」に依れば、医療保険分野では、悪性新生物死亡率、脳血管疾患死亡率、自殺に依る死亡率、生活習慣病に依る死亡率が全国(トップ)であり、2,3位を加えると11項目がエントリーという状態です。これらの原因には地域性というものを越えた、何か共通した物が在るのではと思います。2,30年ほど前であれば医療機関の数や質(レベル)も大きな要因だったでしょうが、個人的には漠然としていますが「健康に対する意識」ではないだろうかと感じている所です。
 秋田県は有名になった学力テストや体格、運動能力は良い方のトップあるいはトップクラスなので、むし歯が少なければ、これらも更に良くなる可能性が有るのではないでしょうか。
さきがけ1216
 12月16日の秋田さきがけ新報によると、秋田市議会では15日の厚生委員会において秋田市歯科医師会から提出されていた保育施設や小中学校でのフッ化物洗口を早期に実現するように求めた陳情を採択した、とあります。
 これまで何方かといえば否定的な見解が伝えられていた秋田市でもフッ化物洗口が実施される可能性が見えてきたようです。とはいえ、実施段階までには、いくつかの関門があり、安易に楽観は出来ないと思います。
 秋田市の場合は、歯科医師会がイニシアチィブをとって積極的にむし歯予防の実施を行政に働き掛けたことの社会的な意義が大きいと思います。秋田市歯科医師会の英断に敬意を表すると共に、今後の他の自治体への波及効果を期待したいと思います。
 歯の健康作りはのスタートはむし歯予防で有ることに間違いはありません。むし歯予防方法としてのフッ化物洗口は、現在国内で行われている公衆衛生学的な手法として最も効果を上げていて、40年近い実績があります。秋田県の事業として平成16年に「お口ぶくぶく大作戦」が始まって6年が立ちました。その時に蒔かれた種がようやくあちこちで芽を出しているように見えます。実施者数は初年度が1,300名程であったのに対して、今月(平成21年12月)には2万人にまで増加しました。資料<秋田県のHP>
 事業の中心的な存在であった、臼井和弘さんの命日が近づいてきました。今思えば当時は、フッ化物洗口に対する反対の声が渦巻いて、内心かなり辛かったのだろうと感じられます。その苦境の中を自ら先頭になって切り開いていった姿は、幕末の志士坂本龍馬二通じる物が在ると思います。龍馬は「日本人全員が西を向こうが、我、東を向く」と語ったそうです。日本の未来を信じていたからこそ出た強い意志の現れではないでしょうか。臼井和弘さんと共に働いていたあのころの状況は自分の中でも未だに整理出来ていない所も有りますが、「人は何を残すのか」という言葉の意味を改めて噛みしめています。 (12月21日 23日追加)
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/103-b7b4f8e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。