秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

今度は「停電」 2週続いてのハプニング 

11月14日午前中、院内停電のため、治療中の患者さん、待合室の患者さんに御迷惑をおかけしました。改めておわび申し上げます。

 先週の月曜日に電話が不通になったのに続き、今度はなんと11月14日午前10時20分頃から医院が停電に見舞われました。雷雨であれば雷の影響とも思われたのですが、診療中にいきなり「プツン」という感じです。私は、1番ユニットに座っていた患者さんに、タービンで歯を削っている所でした。診療室が暗くなり、空気圧で回っているタービンが程なく止まってしまいました。停電かと思って周囲を見回すと、他の家では電気が点いており、当院だけが停電でした。原因は漏電によるブレーカー落下でした。この原因が分かるまで20分ほど要してしまい、当日来院の患者さん達には大変御迷惑をおかけ致しました。
超音波


漏電の原因となったのは「超音波洗浄器」という洗浄用の器械ですが、これは内部に水を入れて超音波で振動させて汚れをとる器械です。メガネの洗浄をする器械の大きな物と想像すれば当たっているでしょう。思い出して見ると数年前にも一度内部に水が入ってしまい、漏電とともにメイン基盤が破損して修理した経験が有り、どうやら今回も同じ原因のようです。とは言え、開業の時に買った器械ですでに13年間も使用しており、そろそろ新旧交代の時期かなとも感じさせられました。今回の教訓は、突然の停電のため院内パソコンのネットワークが゜ダウンしてしまい、カルテ、レセプト用のPCと患者さんのデータベース用に使っているMacのデータが破壊されたかと気をもんだ事です。さらに、先週同様、電話回線が光になっているので勿論停電になれば電話も不通という事態になる事です。落雷の被害を防ぐために院長室のMacには無停電電源装置(UPS)を入れていますが、今回はこれが作動してピーピーとけたたましく鳴り響きました。受付周囲のPC(Windows XP)も同様の対策を講じる必要が有りそうです。
 歯科医院を開業して10年を過ぎる辺りから毎年何らかの機械の破損と更新するようになりました。なぜか要注意な器械は動いていて、意外な所でトラブルが起るケースが多いようにも感じます。さらに医院にしかないデータの保護も大切です。本当に毎日気が抜けません、やはり「一寸先は闇」ですね。
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://midorishika.blog78.fc2.com/tb.php/10-80f4587f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。