秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

TPPに想う 

最近、議論が沸騰しているTPP(環太平洋パートナーシップ)について、国会審議の後日本政府は参加を表明して、APECに出席致しました。参議院の質問では、社民党の党首が頼もしく見えたのは自分だけではなかったと思います。ご承知のようにこの中には以前から報道されている農業だけではなく医療も含まれているようです。
 この影響としては、薬の承認、薬価の問題や、混合診療の導入などがあって、現行では日本が世界に冠たる制度と唄われている「国民皆保険制度」が、大きな試練を迎える展開になるかも知れません。
先週末の総理の参加表明の前のやりとりについては、ともかくも、今思えばこのことは「既定路線」ではなかったかとようやく気がつかされました。それは前総理が就任直後に「平成の開国、第三の開国」というフレーズを使っていたことです。世の中の大きな変化は、予見や予兆があって、徐々に変わるものもあれば江戸時代のペリーの浦賀来航(このことは1年前から予告されていたようですが..)、また終戦後のGHQによる制度改革や先日の大震災のように突然起きるものもあるようです。
 国民皆保険制度が全ての基盤であった(自分も含めて)医療機関にとって、いくら医師会・歯科医師会などが反対を訴えても、すでに「乗ってしまった船」で大きな変革が訪れようとしている感じです。また、社会保険制度ありきの前提で医療機関側が「胡座」をかいていなかったか、ということを自問する良い機会であるとも言えるでしょう。

 日本は、また今まであるはずのものが急になくなるという現実を受け入れることになるのでしょうか。この世の中全般あり方 が 変化に耐えられるかどうかは、舵取りをする政府が国民と信頼関係が出来るようになり私たち一人一人がそれぞれの立場でこの状況に立ち向かう姿勢が必要とされていると思います。単純に利益か損失かという算段だけではなく今までの延長線上にはないことも心して「日本国のこれから」を生き抜く叡智が必要とされていると思います。
参考資料
スポンサーサイト

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。