秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

三陸復興のテーマソング「45号線」 

 DSC06721.jpg東日本大震災からもう、7ヶ月が過ぎました。被災された方も当初の体育館などの避難所生活からほとんどが仮設住宅に引っ越したようです。ニュースなどで報道される機会も次第に少なくなってきているようです。秋田では
ほとんど被害がなかったので、他人事、過去の出来事と言う雰囲気も有るようです。
道路やライフラインが復旧し、目障りな瓦礫もかなり片付いてきているので一見落ち着いたかにも見えますが、被災地へ何度か足を運んでみると、震災は「現在進行形」であり「一日24時間被災者」であることに違いはないと思います。

DSC06740.jpg 
能代市では銀河連邦のメンバーとして、大船渡市と相互防災協定を締結した関係にあり、震災直後から継続的に支援活動を行い、市の職員始め多くの市民もボランティアとして活動を行って来ました。現在は市民活動支援センターが中心となって「大船渡市に千羽鶴を贈ろうプロジェクト」を行なっております。市長さんからも鶴を折ってメッセージを書いていただいたそうです。10月8-9日に開催された能代市民活動まつりの様子は、同センターのブログに詳しく出ております。
 当院もこのプロジェクトに協力すべく、スタッフをはじめ待合室の患者さん等にもお手伝いいただいて鶴を折っております。

 大船渡市出身のシンガーソングライター濱守栄子さんが、東日本大震災で故郷の惨状を目の当たりにして、ふるさとのために何かしたい...という思いからできた渾身の曲です。歌詞には、45号線の風景が浮かんできます。紅白歌合戦にも出て歌って欲しいのは私だけでしようか?



東日本大震災チャリティCDとして、売上金の半分が支援金として寄付されます。
(CDの画像をクリックするとAmazonへ)
45号線CD

津波の映像の前で熱唱する濱守栄子さんのライブ映像----途中で涙声になりますが、故郷に対する溢れる想いが、聞く人の胸を打ちます。



*濱守栄子さん official HP
*ブログ 俺とお前とはまごろう
スポンサーサイト

PAGE TOP

Jobs still alive!! 

jobs

 私も愛用しているパソコンの製作者であり、最も尊敬している人物の一人であるAppleの前CEO(最高経営責任者)であったSteave Jobs氏が10月6日に逝去されました。数年前から闘病生活で、顔も体も全盛期からみると、げっそりと痩せてしまったのには気がついていましたが、まさか、こんなに早くとは、それにしても56歳とは若すぎます。きっと脳裏にはたくさんのビジョンを温め、かつ進行中のものもあったと思います。
自分は16年前からmacユーザーですが、Jobsのスゴイところは、パソコンメーカーとしてではなく(会社名も Apple computer.incから The Apple incに変更)、iPod iTune iPhone iPad とITテクノロジーを駆使して私たちの生活そのものを変えてきたと思います。
10月12日夜7時30分からのNHK「クローズアップ現代」ではスティーブ、ジョブズ氏(番組では「さん」)追悼の特集であった。元Apple日本人副社長や話題の携帯電話社主が登場していた。タイムリーなiPhone,をはじめipod、iPadなどが紹介されていたが、何か物足りないと思ったのは私だけでしようか。。Apple起死回生の逆転弾となったのは、1997年ののおむすび型初代iMacにあったと思います。性能、デザイン、価格の全ての点でコンピューターの未来を提示した衝撃は、今でも鮮明に憶えています。
iMac

 彼については世界の沢山なの方々から、哀悼の意とコメントが寄せられています。その中には、早くもjobs氏を神格化したものも見受けられるようですが、彼がどん底からはいあがってきたり、人間関係で葛藤している人間臭いところが好きです。日本人的な感覚で言えば、アメリカの松下幸之助氏だったのかもしれません。

ジョブス語録から
・「失敗を覚悟で挑みつづける。それがアーティストだ。ディランやピカソはつねに失敗を恐れなかった」 
・ 「情熱がたっぷりなければ生き残ることはできない。それがないと人はあきらめてしまう。だから情熱を傾けられるアイデアや問題を持っていなければならない。正したいと思う誤りでもよい。さもないと、こだわりつづけるだけの忍耐力が持てない。がまんさえできれば、うまくいったも同然なのだ」



スタンフォード大学の卒業式でのJobs講演は、おそらく伝説となるでしょう。



日本語訳は このブログにあります。

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。