秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

夏過ぎ行きて 

 ずいぶんと悠長なタイトルとなりましたが、はや9月中盤となりました。ことしも、猛暑のあとの残暑厳しく、診療室は未だエアコン稼働中です。気がついたのは温度を27度に設定したときと28度では、体感温度?がかなり違うことです。 2週間ほど前までは夜も寝苦しい状態でしたが、さすがに朝夕は涼しくなりました。三陸ではサンマの水揚げがニュースとなっています。大震災後の困難な状況ではありますが、復興の歩みにエールを送り続けたいと願っております。

 今年の夏と言えば、能代ではなんといっても甲子園での能代商業高校の活躍が記憶に新しいところです。昨年25年ぶりに甲子園に出場したものの、鹿児島実業に15-0の惨敗、其の悔しさを胸に秘めて秋田県大会ではノーシードから勝ち上がってきました。初戦の神村学園線は、逆転勝ち、二回戦は多くのヒットを打たれながらも完封勝ちでした。「リベンジ」という言葉を身を持って示してくれた選手たちには「自信」を感じさせられました。
三回戦も、実力伯仲で今大会屈指の好ゲームでした。
 地元の選手だけのチームで健闘した「野球の能代商業」は全国的にも有名になったようで、知り合いからも聞かれるようになりました。また、野球部グランド周囲には以前よりもギャラリーが多くなったような感じです。2年後に能代北校と統合される予定で、夏休み中から校舎の建て替え工事が進められていますが、「能商魂」を持ち続けていただきたいものです。


さて、歯科界でも大きな動きがありました。それは8月2日に国会で「歯科口腔保健法」が全会一致で可決、制定されたことです。この法案は政権が変わる前から「口腔保健法」として検討され、国会に提出されていましたが、民主党の反対のために一度廃案に追い込まれたものでありました。しかし、その後も歯科出身の議員さんの粘り強い奮闘により、ついに法案として成立したもので、その御努力には心より敬意を表する次第です。
* 参議院厚生労働委員会における歯科口腔保健法の趣旨説明

 この法案の内容ですが、口腔の健康が質の高い生活を糸な有無得て重要であり、むし歯や歯周病など歯の疾患の予防に取り組無事を打ち出しています。いわゆる理念法の範疇に入りますので、この法案一つで、何かが変わるということではなく、国家としての口腔保健のバックボーンが確立したという位置づけではないでしょうか。
 具体的には現在各都道府県で進められている「歯科保健推進条例」の制定が加速され、特に障害者や要介護者もカバーすべく歯科疾患の健診や生涯を通じての口腔の健康を維持するための施策が実施しされるようになると思われます。

 秋田県内の歯科関連情報としては、秋田市で小学校を対象としたフッ化物洗口が実施されたというニュースがありました。これまで秋田県では県南部が先行して実施されておりましたが、今年度は秋田市と県北部の能代市、南部のにかほ市、内陸の上小阿仁村でも自治体によって事業化されております。このことは、行政が地域の子供達を皆すべからく、むし歯から守ろうという意志の表れだと感じられます。
本年度は秋田県の人口の3割近くを占める秋田市の実施が契機となって、県全体の人口の過半数がカバーされることになりました。秋田県の長年の課題であった「脱 むし歯王国」がいよいよ、現実に近づきつつあります。
スポンサーサイト

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。