秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

春の大嵐 

 気がつけば、この連休で3月も下旬となりました。大相撲春場所、そして春の選抜甲子園、春校バレーなど年度の総決算ともいえるイベントがめじろ押しです。思えば、昨年の春の甲子園では花巻東旋風がおきて、あわや優勝かと言う所までいったため、当院でも決勝戦は特別に診療室内にテレビを置いた記憶が有ります。また今日は、大阪と東京で桜が開花したとのニュースも聞かれました。
032201
(3月22日の能代の海岸 波しぶきが掛かりそうでした)
 
 ところが、こちらは昨日から低気圧の影響で夜半からの台風並の強風と、中国からの黄砂、そして日中は気温が下がって名残雪にしては強烈な横殴りの雪と、およそ暦が1ヶ月戻ったかと思わせるほどの天候となりました。先日のチリ地震の津波と言い、何かと天変地異のラッシュとも思えます。
032202
(能代市から三種町にいたる砂防林と風に向かって林立する風力発電のタワー)
 昨日の新聞では、「口腔崩壊:子供の虫歯、貧困で悪化!」という記事がありました。むし歯の原因は、病因論としてはミュータンス連鎖球菌等が砂糖を栄養として酸を産生し、歯の表面のエナメル質を溶かすことから始まります。しかしまた、学校健診の場では、「むし歯の多い子どもには家庭環境などの影響があるのではないか」と感じることが再三有ります。この報道も社会的要因の関与を指摘したものと考えられます。「健康格差」の存在が問題視されるようになってきましたが、これは主として地域的な医師偏在が要因となっています。医療格差は全国的にいわゆる「地方」部では医師の不足から、診療科の縮小や病院の閉鎖などの医療崩壊が起きていることや、外科、産婦人科、小児科など夜間や休日の対応が必要な多忙な科が若い医師に不人気になってしまったこと、研修医制度の弊害で大学が出張先の病院から医師を引き上げたり、手術に欠かせない麻酔医が全国的に不足していること等が盛んに報道されています。
032203
(防波堤を乗り越えて能代港湾内に入る大波 3/22)
  折しも本日、アメリカでも下院で医療保険制度改革法案が可決され、「国民皆保険」が実現する見込みになったとのニュースも有りました。民間保険が発達しているアメリカではこれまで高齢者・障害者のための「メディケア」、低所得者対象の「メディケイド」等の公的保険が有りましたが、日本のように外来診療、入院診療、投薬等全ての医療行為がカバーされているわけではなく、いわば「基本料」程度のもので、その不足分を補う「メディギャップ」等の民間保険が在るそうです。<アメリカ情報局より>
 因みに、歯科治療は民間保険でもオプションの扱いで、かけている保険によってカバーされる最高金額も決まっているそうです。また、最近テレビでも報道されていましたが、日本では無料となっている救急車も有料とのことです。
日本とは制度や国情がかなり異なるので、どのような展開となるのか興味の有る所です。
032204
(はまなす展望台付近で撮影 波頭の高さは4-5mにも達していると思われます。撮影時は、飛んでしまいそうなくらいの強風。3/22)
 話を国内の医療格差に戻すと、歯科医療の場合は、すでに全国的に歯科医師(医院)過剰となっていて、東京では一日に歯科医院の数件が転廃業しているという話も有るようです。最近、インプラント治療での材料の使い回しが報じられていましたが、この問題は過当競争の中での増収や生き残り策なのでしょう。何事も無理を重ねないよう心がけたい物です。
 このブログでも何度かお伝えしているようにむし歯は、フッ化物入りの歯みがき剤の使用など個人の努力とフッ化物洗口など公衆衛生学的な方法、フッ化物塗布や、シーラント等専門的な方法の組み合わせで、少なくとも半数以上は予防が可能です。今回のニュースもそうですが、個人的な管理が出来ないケースほど公衆衛生学的な方法が有効であると思います。一昨年の新潟県に始まり、昨年の北海道や長崎県で施行されている歯科保健推進条例では、「う蝕予防のためのフッ化物洗口あるいは応用」がその理念として文言となっています。本当に地域住民のためになることですので、全国的なの拡大が期待されます。 
032205
(米代川河口付近で撮影 雲の形がなんとなく2匹の龍にも見えます 3/22)

本日は猛烈な寒風の中、海岸・港まで言ってきました。帰りの車の中で口が塩辛いことに気がつきました。春はもうすぐです!  (3月22日)
スポンサーサイト

PAGE TOP

弥生の風 

おひなさま

 3月も中旬となりました。毎年3学期の時期は瞬く間に過ぎ去っていくのですが、年を重ねる毎にその感を強くしております。
 さて、3月に入ると文字通り陽気も暖かさを増し、このまま「春」到来かと淡い期待を持っていた所、3月10日は名残雪ならぬどか雪となり、今まで溜まっていた分が一気に降ったのかと思いました。久し振りに雪かきをしましたが、思いベタ雪だったので、即腰痛となってしまいました。
どか雪1
 さて、3月は年度末なので、学校始め「締め」の行事がめじろ押しですね。3月の能代市議会でも再度「フッ化物洗口」に対する質問が出ました。行政側からは「一斉実施」も考慮しているとも受け取られる答弁がありました。とはいえ、実施に向けてはまだ時間も必要ですし、関係団体との連携など乗り越えるべき課題も少なくないようです。
北羽新報0304

 秋田県内では本年度は隣の北秋田市での一斉実施が行われ、また大館市ではモデル事業に続き、2年後に全幼稚園・保育園での実施の見通しのようです。秋田市でも議会で取り上げられるなど実施の拡大が見られます。行政、歯科医師会、教育関係者などの連携の成果として、「むし歯王国 秋田県」の汚名返上が徐々に近づいているようです。全国的には、新潟県を始め、北海道や長崎県で制定された歯科保健条例ではフッ化物の応用によるう蝕(むし歯)予防が明記されております。その一方でフッ素に関する間違った情報や偏見もあり、本当に地域住民のためになる、医療格差是正のための正しい情報が必要とされています。
どか雪1

 さて、秋田では歯科医療関連でたいへん気になる報道がありました。
3月9日の秋田さきがけ新報に依ると、秋田県内各地域の中核病院となっているJA厚生連病院(地元では「組合病院」の通称―組合とは農協のことです)では「医療従事者確保へ対策室」との事ですが、記事の最後には「歯科診療は医療法上、病院内の歯科医が診療出来る外来患者数に制限が有り収益に結びつかない面が有る他、各地域で歯科診療所の機能が充実してきていることから、経営改善の一巻として順次廃止する」
とあり、愕然とさせられました。県内のJA厚生連関連では、北秋田市民、由利組合、仙北組合、平鹿組合、雄勝中央の5カ所に病院歯科が有り、仮に全廃されれば県内の病院歯科は秋田大学、大館市立、秋田市立など数ヶ所が残るだけです。
 もしかしたら歯科は医療の一分野では無いと認識されているではないでしょうか。口や顎の部分の外傷や、難しい親知らずの抜歯等、全身状態の管理が出来て、またCT などの設備は病院にしかない物も多く、日帰りで出来るような外来小手術でも、秋田や盛岡、弘前まで行かなければならない状況が目前に迫ってきているのでしょうか。この意味でも地域としての医療レベルの低下は避けがたく、医療格差や医療崩壊は現実の物と感じざるを得ないでしょう。
どか雪2

 確かに通常の歯科治療で開業医との競争ということであれば、診療日数や診療時間が短い病院歯科は分が悪いことは否なめません。しかし、総合病院に歯科が有ることは口腔外科あるいし口腔科という観点からすると、有病者、障害者の歯科医療、脳卒中の急性期以後のの対応、高齢者の主たる死亡原因である肺炎や咀嚼嚥下障害の予防手段としての口腔ケアー、また近年協調されているチーム医療としてのNST(栄養改善サポートチーム)等の「医療連携」など、むしろ医療レベルの向上に歯科が不可欠であるとも思えます。しかし、現行の医療保険制度では、これらの領域ではあまり収入に結びつかないことも大きな要因だと思われますとなりの岩手県では病院と地域の歯科医師会との間で医療連携が実現段階に在るようです。この意味からも秋田もこれからに期待されるわけで、歯科医師の立場からすれば是非生き残って欲しいと思います。最大の要因として経営改善が優先されている実情も有り、何か「特効薬」のような妙案はない物でしょうか。
花3月

 3月13日は県内の公立高校の合格発表の日でしたが、医療環境にも「サクラ咲く」のはいつになるのでしようか。 (3月14日)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。