秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

冬の稲妻、事業仕分けの俎上に載った「8020運動特別推進事業」 

石碑
 今日は、朝から雷が鳴り、北西からたたきつける猛烈な強風と時折稲妻が閃く文字通り「冬の雷鳴」の大荒れの天気です。
さて、天気と同調しているかどうかはともかくも、このところ衆目を集めているのが行政刷新会議における「事業仕分け」に関するニュースです。この件はマスコミはもとより、ネット上でも数多のブログで論じられている事はすでに御承知と思います。
 事業仕分けは、行政刷新会議によるワーキングチームが来年度予算編成に向け、これまでの定額給付金的や既得権益の温床と化して、税金のむだ遣いを廃絶する事を目的とした物であるとの事です。すでに9日間の日程の1/3を終えて800億円を超える事業の廃止を決定しました。
 事業仕分けが11月11日に始まり、まず驚かされたのは厚労省関係では、地域健康づくり推進対策費、健康増進対策費としての女性の健康支援対策事業委託費が何れも廃止となった事でした。この事由としては、国は情報提供に特化して各地域が地域特性を生かした健康づくりをおこなうべき、天下りを繰り返す法人への随意契約に公金を支出する合理性はない、国がやるべきテーマではない、地方でも類似の事業をしている、効果的な予算の使われ方をしていない等が上げられていました。
 また、レセプトオンライン導入のための機器の整備塔の補助は「予算計上見送り」、医療関係の適正化・効率化は「見直し」とおよそ、案件となったものは無傷ですまない物ばかりでした。
 そんな中で11月13日は歯科保健事業の生命線とも言える「8020運動特別推進事業」が審議されるという情報を受けました。丁度審議の時間が診療終了後であったので、不鮮明な小さな画像しか送られてこないネット中継の音声を聞きもらさじと、メモ用紙に書き込みながら、様子を伺っておりました。
結果は行政刷新会議のHPに「評価コメント」がすでに公表されております。
<47ニュースでの報道>
審議のやりとりのなかで私感からポイントとなる部分を挙げて見ますと

1.本事業費の活動の主な物は広報・啓発活動で有る。
2.事業は都道府県から歯科医師会への委託されるため、実施主体は各県の歯科医師会となり、特定の団体へのバラマキ予算ではないかと質問あり。
3.子供のむし歯は8020運動以前から減少してきているが、フッ素の利用などで減少に拍車が掛かった。(回答)
4.事業予算は4億7千万ほどであるが、これは各県およそ1,000万規模をメルクマールにした数字であり、内訳は1885万円から、250万円まで配分にばらつきが在る。
5.平成20年度の予算配分の内訳は、各県が使用したものが25%、外部団体へ委託した物が75%で、その内訳は都道府県歯科医師会68%、歯科衛生士会、2.3%、大学・8020推進財団など5.5%。
6.もともと歯科は予防が大事だが、(予防処置は)医療保険で給付されないので8020事業でやってもらうことにした。(回答)
7.予算の68%が歯科医師会へと言うことは、各都道府県がどうやったら良いか解らないからではないか、保険者を使うという発想はなかったのかとの意見。


聞き取りメモが不充分な所は割愛しました。
印象に残っているのは、フッ素の利用でむし歯が減った事や、フッ素洗口(うがい)、水道水にフッ素などと、「フッ素」に関してしては3回ほど言及があり、むし歯予防効果については認めているというスタンスを感じました。(やり取りの中では質問の主旨と回答にずれがあったようにも感じられましたが...)
また、都道府県行政から歯科医師会への委託事業という事ですが、行政にいる歯科の専門職が余りにも少ないために、事業のプランニングは行政、実施(実動部隊)は歯科医師会の連携という形をとらざるを得ない物と思われます。
平成19年のデータでは、都道府県長・市役所、区役所などに勤務する歯科医師は(常勤38名非常勤4名)、保健所では、(常勤45名、非常勤3名)、歯科衛生士は県庁市役所など(常勤20名、非常勤2名)、保健所では(常勤115名、非常勤17名)でした。
 歯科医師では併せて僅か90名の歯科医師しか全国の歯科保健の最前線にいないという事です。マンパワーが如何に不足しているかが如実に現れているのではないでしょうか。行政に関わっている歯科医師、衛生士の方々は「行歯会(ぎょうしかい)」という組織を結成して、連絡や研修会などを実施して奮闘され、地域における歯科保健の舵取り役として尽力されている事に対しては、改めて敬意を表したいと思います。
 
 結果は「見直し」との事で、複雑な思いです。今後は「委託事業」の有り方にはメスが入れられ、「費用対効果」等で予算の減額も含め、これまでの国直轄から都道府県単位になるなどの事業体系の大幅な改変の可能性も在るでしょう。ネット中継では厚労省側がこの事業を評価する思いが感じられ、日本歯科医師会に対しても学術専門団体であり、公益法人として公衆衛生の推進に尽力していることをアピールしていました。審議の中で「各県歯科医師会への委託」というやりとりがなされておりましたが、今後は県単位での取り組み(智慧比べ)の必要性が増してくるのではないでしょうか。日本歯科医師会は公益法人ですが、地域レベル、つまり県での対応はどうなのか、さらには最も現場に近い郡市歯科医師会(地区歯科医師会)との関係などがポイントになってくる感じがします。
 僅か2ヶ月ほど前までは予想だにしなかったような時代の大激流の中で、歯科保健事業の位置付けがどうなるのかは全く予断を許しませんが、「変化(Change)」を要求された事だけは確かです。願わくは後日に実を付けるための1つのプロセスであったという評価を願うものであります。
   (尤も私のように大した貢献もしていない人間は言う資格がないですが...hi)
夕日2

 全くの余談ですが、このエントリーを書きながら脳裏に浮かんでいるのはベートーベンの交響曲5番「運命」です。8020運動に関しては、国の庇護から離れ、自立して歩いていかなければならない事が、冒頭の有名なダダダダーン(一説としてはモールス信号のVもあり)、「運命はかくのごとく扉を叩く」とも聞こえてきます。 個人的にはこの曲は、低弦やホルンの和音で暗さや辛さがにじみ出る3楽章の出だしから、トリオの部分のダンスのような旋律を経てやがてティンパニーのbridgeの部分を渡って4楽章にはいり、混乱や苦悩に打ち勝ったような力強い旋律が現れる部分がとても気に入っております。自分も含めて「かくありたい」ですね。
<第5交響曲3.4楽章>       (11月15日)
スポンサーサイト

PAGE TOP

新型インフルエンザの蔓延、郷土関連の書籍、残葉の季節です。 

夕日

秋の日はつるべ落としと言いますが、4時半を過ぎるともう暗くなってきています。能代では11月に入ってすぐ、2日、3日にいきなり初雪の洗礼? を受けました。例年よりも早い冬将軍の到来にスタンドなどでは車のタイヤ交換をしている姿も見かけられました。2日は、朝からどんどん気温が下がっていき、夕方には当院前の植え込みや、車のフロントガラスも白化粧しました。
銀杏

 樹木も冬の装いへと変化してきているようで、銀杏の黄色い葉や、名前は解りませんが、真っ赤に紅葉した木々が冬の到来が近い事を告げているようです。
 その後は、また気温が上がり、6日にはなんと診療室内の気温がストーブ無しで27度(南向きの窓と機械類の発する熱の所為か)と上がり、窓全開でした。このように、寒暖の差が大きいと体調の管理が難しくなります。また以前にも書きましたが、例年気温の下がる10~11月には、歯の痛みや歯茎の腫れ等で急患来院が増える時期でも有ります。
紅葉
紅葉2

 ニュースなどですでに御承知の事とは思いますが、10月頃からは、全国的に新型インフルエンザが猛威を振るい秋田県でも9保健所管轄のうち6地区までが「警戒レベル」に達しています。当院でも10月中旬からインフルエンザによる患者さんのキャンセルが出始め、最近では毎日1-3名コンスタントに有り、こればかりは防ぎようがない状態です。
インフル全国

行政関係でも秋田県内では秋田市と能代市で「発熱外来センター」が設置されたのを始め、ワクチン接種の前倒しなど対応が急がれているとのことです。
 当院でも手指の消毒のアルコールやうがい、待合室でのマスク着用などを心がけていますが、発症している患者さんの来院はいまのところ無い様子です。我々も医療従事者で不特定多数の患者さん達の診療に当るわけですが、ワクチンの接種は最優先順位というわけではなく、何時の事になるのか皆目見当もつかない状態です。その一方で、現況は10代までの若年者の発症が圧倒的に多いようで、子供さんの感染を如何に防ぐかがポイントと思われます。
インフル秋田44
 いったい、正常な状態に復帰するのは何時の事になるのでしょうか。どこからか「インフルエンザ終息宣言」でも出るのでしょうか。尤も、いつぞやの「梅雨明け宣言」のように梅雨明けしても雨が続いた事例も有ったようですね。
<能代市の広報から>

 ところで、キャンセルの間合いを生かしてというわけでは有りませんが、今ちょっと工夫している事が有ります。それは、エコ運動に協力して、院内にプリンターのカートリッジや不要入歯の回収箱を設置した事です。(ブログ左コラムの下段にリンクが有ります。)
それから書棚の本の種類を見直しています。患者さんたちの興味を引くのはどのような種類の本かという点を考えました。
 歯科医院ですから、歯に関係した本はたくさん有りますが、残念ながら仕事をしている私が見ても興味を持って読みたいといえる本はなかなか有りません。スタッフの意見も聞いて、販売数の多いと言われる週刊誌や女性向けの週刊誌を数種類置いていますが、女性向けは当院スタッフの査読?に手間取っているようで、本棚に並ぶ時にはすでに旬を過ぎているということも有るようです。そこで、だれでも興味が持てるもの、気楽に読める物と考え10月から「郷土関係の本や写真集」を集めています。これまでのところ

「おおがたの記憶」  八郎潟の干拓事業の写真集
「世界遺産白神山地」 白神山地の樹木や植物の写真集です。
「秋田、遊びの風景」 昭和30-40年代の秋田の子供の遊びなどの風物詩
「おらほが、もし100人の村だとへば」秋田県を人口100人の村とした場合の人口や、所得などの各種データの県内外のたとえ話、意外と説得力があります。
「小坂鉄道」今は廃線となってしまった同和鉱業小坂鉄道のレア物の写真集です。

身近に有ったのに、自分でも今まで知らなかった事や、昔の記憶が蘇る懐かしい出来事などがあって、ちょっとした地理や歴史を楽しく学ぶ事が出来ます。地域の一住民として、これも街の応援団の一つになれればと思っております。

*追加 ブログに院内写真スナップを加えました。(右側コラム参照)     (11月8日)

PAGE TOP

音楽の妖精と霜月の雨 

 暦は今日から11月となりました。今日は朝方から気温が下がり、冷たい雨降りです。明後日11/3の天気予報は、ついに雪だるまが出現です。ところで一昨日(10/30)には、思わぬ天変地異というべき「竜巻」が能代を遅い、全国ニュースに出ていました。各地の方々からお見舞いのメールをいただきましたが、竜巻は能代市の浅内という南の地域を駆け抜けていきました。昨日、車で付近を通って見ると、家屋の破壊や、田んぼにトタンが散乱しているのが残っていて改めて猛威を感じさせられました。
 10月のエントリーでは、歯科関係の内容につい気合いが入ってしまいました。知人から「中身が濃すぎる」とご批評をいただいてしまいました。歯科関係者でなければいささか理解しにくい部分も有ったかもしれません。
と、言うことで今回は近況報告のようなエントリーと致します。
 10月23日には能代市文化会館大ホールで「千住真理子バイオリンリサイタル」が開催されました。以前から千住さんの大ファンで診療室のBGMにも使っていますし、「聞いて、バイオリンの詩」という題の著作はほんとうに貪るような思いで読破しました。何時か東京にでも行った時に聞く事が出来るだろうか程度には思っていましたが、まさに千載一遇、一期一会の機会でした。
当日は診療を終えるももどかしく、車で数分の距離にある文化会館に急行しました。ところが、駐車場が一杯で、係の人から旧サティの駐車場へ停めるよう支持が有り、慌てて走って行きましたが、開演時間が数分過ぎていました。今回は地元の銀行が合併した事の記念のコンサートということで、入場無料でしたが、整理券が必要でした。聞く所に依ると大ホール1,300名の定員に対して5,000名程からリクエストが有ったとの事で、千住人気かクラシックファンか多いのか、はたまた弦―バイオリンのフリークがこの地にそんなにいるとは、にわかに信じられない思いでした。入場者はまだ続々と集まってきましたが、何故かチケットはノーチェックで入れました。
 大ホールに入った時には丁度トークの時間でしたので、空いている席を見つけて、ホール中段の左側の席に陣取りました。
 トークの時に千住さんが「このデュランティというバイオリンは、長い間有るお城の蔵の中で眠っていた楽器です。光に当るとニスが変質するので照明を暗くして演奏させていただきます。」と楽器に対するしなやかな思いやりあふれるメッセージが有りました。また音楽療法というものがあり、特に精神の病には、音のシャワーを浴びる事によって心身共に癒されるということです。私も音楽の力には共感している一人です。最近気がついたのはやはりオーディオがトランジスタ(石)で低音、高音をイコライザーでブーストするよりも、力に余力のある真空管(球)で聞くと、同じ音源で有るにも関わらず、ほんとうにビビットに聞こえる事が解ってきました。例えば管楽器奏者のブレスであるとか、ピアノのミスタッチ、それから後ろでカシャカシャやっているパーカッションのディティルまでがまるでその場にいるような感じで鮮やかに蘇るのです。いろいろと調べて見ると、音の成分である高調波であるとか、歪み、ノイズの成分まで真空管は全てをそのまま忠実に再現してくれるとの事で、いつかは、診療室のBGMも真空管アンプにと密かに考えている次第です。
 さて、千住さんの演奏の感想は、CDで聞いていたのと同じように、大ホール一杯に響き渡り、バイオリン1本の音とは信じがたいほど良く鳴っていました。低弦もチェロを思わせるほどの太い音色でした。これも座席の位置がホール中段だったのでピアノの音とマッチして音が届いたのだと思います。近い所で聞くと、多分バイオリンとピアノの音が分かれて聞こえたかもしれないと思いました。
 演奏は第一部の最後のビィターリのシャコンヌに、千住さん自身の子供の頃の思い入れも有ってか、大変情熱的な演奏でした。
<演奏曲目などはこのブログが詳しいです>
 また、後ろに座っていた女性の話を漏れ聞くと、大館から来ていたようで、観客は地元ばかりでなかった事が解りました。
アンコールは私の大好きなロンドンデリーの歌(The Danny boy)か、NHKの武田信玄の軍師、山本勘助を描いた大河ドラマの後テーマになっていた感傷的な「大河流々」を聞きたかったのですが、大河流々はストリングスが要りますね。特にコントラバスのピチカートが通奏低音ですのでちょっと無理だったかな。
 ともあれ、思いもかけぬ音楽の妖精の心の現れるような演奏、まさに音のシャワーに酔いしれた夕べでした。

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。