秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

東北地区歯科医学会、医療連携はNSTで歯科が貢献、同級生の講演発表に喝采 

 先週の土曜日10/17は診療が終わるのももどかしく、直ぐに着替えて車に乗りました。目的地は自分の故郷であり、また母校の有る岩手県盛岡市です。ですから自分としては、行くのではなく「帰る」と言う感覚です。 十和田インターから東北自動車道に入り、長い長い竜ケ森トンネルを抜けると、雄大な岩手山が目に飛び込んできます。岩手山PAで一息入れて盛岡市内に入ります。夕方などはインターチェンジを降りてから時間がかかるようです。もう顔パスになった定宿に荷物を置き、そそくさと中の橋を大通り方向に向かい、テレビ岩手、岩手日報社、桜山神社、盛岡城跡の岩手公園、そしてサンビルを通っていきます。
盛岡01

ようやく、気の置けない仲間と合流し、いつもの場所でワイワイと楽しい一夜となりました。いつの間にかつい飲みすぎてしまい、ハメが外れたのか二日酔いとなってしまい、翌10月18日(日)は、ハット目が覚めたらもう9時でした。前夜祭の余韻で頭が未だ起きていない体に鞭を打って、駅裏(西口とも言う)の目指す学会場へと向かいました。

 岩手県歯科医師会館では第62回東北地区歯科医学会がもう9時から開催されておりました。一般公演は全8群、計40演題もエントリーしていました。特に午前中の第1~4群の20題には、地域歯科保健に関する演題が集中していました。演者別では岩手県歯科医師会4題、宮城県歯科医師会2題、岩手八幡平歯科医師会1題、青森県歯科医師会会員1題、奥羽大学1題、東北大学3題、岩手県歯科衛生士会2題、奥州市歯科医師会2題、宮城県2題、米沢市歯科医師会1題、秋田県会員1題でした。やはり地元である岩手県からは県歯会4題、地域支部3題、歯科衛生士会2題、合計9題とほぼ半数を占めました。
学会01

 中でも関心の高かった演題は、医療連携NST(栄養改善サポートのチーム医療)関連でした。医療連携の体制が次第に構築されつつある現在、生活の質( QOL)を守る医療としての歯科(あるいは口腔領域、咀嚼嚥下機能)の位置付けと今後の歯科医療の方向性がどのようにマッチさせていくのか自分の意識が向いている領域です。
 今回は全国的に見ても先進的な取り組みの実践報告を拝聴して、地域の歯科医師会として「地域の人たちの歯(口腔)の健康を守る」という熱い思いとチームワークよろしく頑張っている責任感を実感させられました。
 そのうちの地域歯科保健活動の2演題(学会全体では3演題)が嘗て机を並べて勉強した同級生が発表している姿を見て、彼らの雄姿に胸が熱くなる思いでした。
<第62回 東北地区歯科医学会案内>

 演題10 地区歯科医師会に対する地域医療連携の進捗状況調査報告
 岩手県歯科医師会口腔保健センター運営委員会 演者:朴沢弘康 ほか6名

 演題11 介護施設における協力歯科医の有無な実態調査の検討
 岩手県歯科医師会口腔保健センター運営委員会 演者:六本木 章 ほか6名

 演題13 NSTへの歯科の介入とこれからの連携の有り方
 奥州市歯科医師会、岩手県立胆沢病院 演者:森岡範之 ほか10名

 演題14 NSTにおいて歯科の介入により栄養状態が改善した2症例
 奥州市歯科医師会、岩手県立胆沢病院NST 演者:清水 潤 ほか10名


上記 演題10の概要ですが、現在、全国的に医療現場の課題となっている医師不足による地域の医療体制の機能低下を防ぐ為に、個々の医療機関の枠を取り払って地域全体としての効率的運用をする事が求められています。今回の報告に依れば医療連携の為には準備段階として、医師会、歯科医師会、薬剤師会、歯科衛生士会、技工士会、そしてNST、さらには福祉領域のケアマネージャー、老人保健施設、特別養護老人施設、障害者施設、包括支援センター、行政関係では保健所、自治体の保健センター、学校保健会、社会福祉協議会などの関係機関、組織との間での会合、懇親会(ナイトシンポジウム?)を通して情報交換を行っています。その際、口腔連携パス票を状況把握の共通の資料として用いています。そこから見えてきた課題に対して、知識技術の工場の為の研修会の開催により、知識の共有段階へと進みます。さらに実践段階として共同の事業企画や中核病院などを舞台とした診療連携、さらには、回復して在宅、或いは施設入所になった段階での往診・訪問診療などをて展開していく図式です。
 また、演題14は、病院内では「栄養管理は全ての医療の基本」の言葉通り、NST回診に歯科医師が参加しすることにより、看護職員が実施している口腔ケアーにより最初は出血や腫脹が顕著であった口腔内が驚くほど改善した事例にはじまり、全身の栄養状態や進行した蓐瘡が改善した事例などが、方言を交えたやり取りの再現などよってユーモラスに表現されていました。
ここまで来ればもはや「歯科」の範囲を超えて「生命を守る医療」の一環として機能しているという事が出来るでしょう。

さらに、印象が深かったのは、仙台の杉本是孝先生から将来に向けた歯科医療界への提言とも言える演題でした。

 演題16 歯科医療の特異性(医歯一・ニ原論)の歴史と現在-「口腔医学」創設・育成プロジェクトについて
 宮城県歯科医師会会員 杉本是孝


これまで「歯科」という標榜のために歯科医師の目も「歯」だけに向いていた傾向があるが、これを「口腔医学」という概念で再構築しようというプロジェクトについて福岡歯科大学など8大学が参加して事業展開が行われているという事です。歯科関係者としては、期待感と共に今後の動向が注目されます。
 <口腔医学の学問体系の確立と医学・歯学教育体制の再考>

また、歯科衛生士会からもパワフルな発表がありました。
 演題18 「歯の衛生週間」事業報告-胆江支部<いきいき歯っぴいライフ2008>
 社団法人 岩手県歯科衛生士会   演者:高橋光恵 ほか15名


この発表では「お口のエクササイズ」で歯科衛生士が実演デモをおこなうという熱のいれようです。
歯科衛生士会胆江支部の活動は奥州市歯科医師会のホームページに掲載されています。
 <いきいき歯っぴいライフ2009>の報告書
岩手山111

余談ですが、今学会で発表されたような奥州、胆沢地区の歯科スタッフの尽力には、郷里の大先輩であり「国家衛生原理」を著し、公衆衛生を「健康警察医官」と位置づけたかの後藤新平翁がご覧になれば、頼もしい後輩達にさぞかしご満悦されたのではと推察されます。

 今回は、これら演題の内容の深さに圧倒された思いでした。振り返って、我が周囲は...と考えると、まだ緒に就いていない物が殆どといって良いくらいで、これらを進展させるにはどうしたら良いか、思案のしどころです。やはりキーパーソンというか、コア(核)になる人間が必要な事を痛感させられました。しかし、そのためには、全身状態を診る医学的、また介護の知識はもとより、関連団体との折衝、交渉などのコミュニケーション(+人脈)、そして有る意味で組織を作りまとめるカリスマ性というか、政治家的な要素など多岐にわたる能力が必要とされるのでは、と予想されます。
このことが岩手は現実化して、歯科でも地域保健活動に対して熱心なのは、大学の存在が大きいのではと思っていましたが、このごろは地域性(=県民性)にも関係すると感じています。この前同級生から岩手では「結いっこ」という地域社会のコミュニティ(いわゆるご近所の底力)、町内会とか相互扶助の精神が現存しているとの話を聞きました。
 帰り道に以前に読んだ2つの話を思い出しました。
一つは高村光太郎の詩「岩手の人」です。
 
岩手の人沈深牛の如し
両角の間に天球をいだいて立つ
かの古代エジプトの石の牛に似たり
地を住きて走らず 企てて草卒ならず
ついにその成すべきを成す

角の間の「天球」は「目的・志」という意味でしょうか。「草卒成らず」は、慌てない、急がないということで、ゆっくりとしているという表現です。しかし、「ついにその成すべきを成す」なんとも力強い結語でしょうか。今年の高校野球で突如大旋風を起こした花巻東高校もこれに当てはまるのではないでしょうか。

そして、もう一つは内館牧子さんが一昨年秋田さきがけ新報に掲載したコラムの中にあった「秋田の女よ 立ち上がれ」です。内舘さんは父親は盛岡、母親は秋田出身です。
「県民性を雪かきに例えると、盛岡の人は「おれ、雪かきやるから一緒にやろう」「おお、一緒にやろう」。対して秋田の人は「おれ、雪かきやらねがら、おまえもやるな」「んだな。やらね」となるという。
そして、内館さんはこう続ける。
「おれもやらねがらおまえもやるな」という県民性は、非常に気楽で実は外からきた人間にとっては緊張しない。見栄っ張りでオープン、見栄っ張りだから美容院の数が日本一・・・。これらをプラス面だと考えるべき。見栄っ張りの繋がりでいうと、江戸っ子は見栄を張ることを“粋”としたほどだ。」

 記事を読んだ時、その眼力にほとほと感心した物でした。秋田の県民性はこのHPにも紹介されています。こちらでは「イザという時に便りになる」と紹介されています。またこちらでは、セカンドバッグ愛用が全国一とか....また都道府県別統計とランキングで見る県民性はなかなか面白い切り口で分析しています。
秋田県のホームページには秋田の日本一とベスト3があります。その一方でいわゆる地域格差の現れとして、秋田県が乗り越えるべき指標が出ています。
 秋田のイメージといえば小野小町に代表される美人の里であり、米所、そして酒どころでも有ります。最近は小中学校の学力テスト日本一という嬉しいニュースもありました。粘り強さも県民性の特徴ですから、今後に期待したいものです。
 
さて、自分も…いつかは「ついに成すべきを成す」と行きたい物です。同級生の活躍と、歯科医療の方向性の変化に大きなインパクトを受けた学会でした。(10月19日  24日改)

スポンサーサイト

PAGE TOP

官僚達の夏の気骨やいずこに、能代市議会でフッ化物洗口が質問される --秋桜花-- 

コスモス1

 10月に入りいよいよ今年度も下半期です。今日は雨降りの日曜日です。日中は気温の上がる日も有りますが、朝夕の冷え込みは秋冷を実感させます。また、つい2週間前に秋分の日を過ぎた筈なのに、日没がとても早くなった感じで、5時半を過ぎると駐車場には照明灯が灯るようになりました。エアコンのカバー掛けと、ストーブの登場も間近です。タンボは稲刈り真っ最中のようで、天気の良い日は患者さんからの「稲刈りコール」でキャンセルが増える次期でも有ります。秋の味覚であるサンマや当地特産の梨、ブドウ、そしてそろそろ秋田名物のキリタンポもそろそろ賞味出来るかと楽しみにしております。
秋桜2

 さて、前回も書きましたが、9月に学会発表を終えて、今年一番のイベントが終わりました。ようやく、精神的に解放され、気持ちにもゆとりが持てるようになりました。ここで、気持ちを院内の充実に向けて進めていくことにしたいとと思います。この半年間慢性的にスタッフの不足に悩まされていましたが、ようやく期待の新人が現れました。とは言え、まだ歯科衛生士が不足しており、来年の新卒も含め、常勤、パート勤務の歯科衛生士を募集しています。パート勤務は子育てや、転居などでブランクの有る方でも安心して働けるよう、勤務時間の調整や、衛生士としての知識や技術の習得に医院全体でバックアップしていく体制を取る事としました。カムバックしたい意欲の有る方は、ぜひ当院のスタッフに加わっていただきたいと思います。Aターン待っています。
深澤晟雄01

 前回のブログでは岩手県の旧沢内村の生命尊重行政「生命村長」と慕われた故深澤晟雄氏を取り上げました。深澤晟雄資料館に行くとなつかしさと心の温まるような気持ちにさせられます。白黒写真や、活版印刷の新聞や、資料などを見ると自分が生まれ育った時代である「昭和」の雰囲気が彷彿してきます。
 機会があればぜひ見学される事をお勧めします。また、当時を題材とした映画「いのちの山河-日本の青空2」の完成試写会が10/1,2に西和賀町で、10/3に盛岡市で行われたとの事です。昨日は行けませんでしたが、ぜひ見に行きたいものです。<上映スケジュール>
沢内新聞

 話は変わりますが、最近のテレビの中では最も楽しみにしていた番組が有ります。「官僚たちの夏」です。多くの方がご覧になったと思いますが城山三郎原作でTBS製作のドラマ「官僚たちの夏」は、毎週の楽しみで文字通り食い入るように見ていました。(1週遅れでしたが放送してくれたABS秋田放送には本当に感謝です。)この番組の描いた物こそ、まさに高度成長時代、日本の戦後復復興の原動力だったと思います。出演者も、主演の佐藤浩市始め、船越英一郎、高橋克実、堺正人、西村雅彦、佐野史郎、北大路欽也、長束京三など、実力派、個性派揃いで本当によい布陣でした。
<官僚達の夏を10倍楽しむ方法-youtube->番組オープニングでは、都内の同じ地点からの視野でビルや道路がどんどん出来ていく様が早送りでフラッシュされ記憶に残る作品となりました。個人的には、主人公で佐藤浩市演じるミスター通産省の風越信吾と、同期のライバルであった船越英一郎演じる玉木博文がお互いの立場の違いが織りなすコントラストと深い根底で繋がっている友情といった人間ドラマが、視聴者を大きく引きつけると思います。
この番組を通じて通奏低音のように流れているものは、自分たちが敗戦から立ち上がろうとしている日本国を背負っているという使命感と重量感です。通産省内はもとより、時には時の大臣や総理に対しても堂々と意見をぶつけるその「気骨」にあったと思います。自分もかく有りたいと心が熱くなりました。DVDで発売されるそうなので楽しみです。
<官僚達の夏テーマ曲>
 上記は何の関係もないような2つの出来事ですが、片や地方で医療・福祉を、片や中央で日本の産業をと共に昭和30年代の日本の発展の礎となった人たちの実録であり、自分にとっては親の世代に当る人たちなので、この年齢になるとなんとなくその心情がわかるような感じです。
 
 最後になりましたが、9月には能代地域の歯科保健にとって光明とも言える出来事が有りました。能代市の9月定例市議会で、「むし歯予防対策としてのフッ化物洗口の現状と、県内他都市での取り組みが進む中での当市の取り組み」について質疑応答がなされました。
北羽新報0915

能代市議会においてフッ化物洗口が議題になるのは初めての事と思います。質問に対して行政側からは教育長と市長からの回答が有りました。市長からは「モデル校を決めてやりたいと思っている。そのための検討会議を開いていきたい。」と前向きな回答がありました。私も当地域の歯科保健の推進を願う歯科医師として、また一住民の立場から、今後の関係各位の叡知を集めて進展する事を期待しております。質問した菅原市議のご尽力には心から敬意を表する次第です。
F秋田0909
これまで、フッ化物洗口の話題となると繰り返し、安全性や、劇薬の使用、予防効果に対する疑問等の意見が取り上げられ、「危険」「怖い」が先行しているイメージがあります。しかし一方で、フッ化物洗口が全国的に拡大している事や、フッ化物洗口の効果といて実際にむし歯が減少してきている実例、また自治体がフッ化物洗口を実施する事に対する住民(保護者)の意見などが殆ど報じられないのは何故でしょうか。フッ化物洗口を行って効果がなかった、つまりむし歯が増えたという実例は有るのでしょうか。
 科学的に正しい判断を行う為にはまず、多くの「実例」の情報を提示する事こそが必要です。医療の分野でも近年は「EBM=Evidence-based Medicine (根拠に基づいた医療)」という用語が頻繁に聞かれるようになっています。幼稚園や学校などで集団で実施する理由は、平成15年に厚労省から出されたフッ化物洗口ガイドラインにあるようにフッ化物洗口は「とくに4歳児から、14歳頃までの期間に実施する事がう蝕(むし歯)予防対策として最も大きな効果をもたらす事が示されている。」とあります。即ち継続性が大きな鍵です。実際に当方でも患者さんに対して歯科医院で洗口法の指導行い、家庭で行ってもらっても、1年以上継続しているケースは殆どないようです。その理由は毎日、或いは毎週、何年間にわたって続ける事が、家庭では困難な事と推察されます。また、予防効果が直接的には実感しにくい事も有ると思います。学校保健活動の一環としての位置付けがなされれば、継続性が確保され、予防の成果、即ち生徒のむし歯の数が減るだけではなく、むし歯の無い生徒が増加する事が期待出来ます。健やかな子供の成長は親だけではなく、地域全体が持っている希望、或いは将来に向けた地域作り、言い換えれば町おこしの一種ともいえるかもしれません。
 秋田県内のフッ化物洗口実施施設は今年度も北秋田市や羽後町、大館市の一部地域での増加が予定されています。県庁のホームページによれば9月1日現在の県内の実施者数は幼稚園、保育園、児童館、小学校、中学校、養護学校の234施設で、20,021人が実施しているとの事です。おそらく東北以北では県単位では最も多い数であると予想されます。平成16年に「お口ぶくぶく大作戦」が開始されて以来、大きな反対運動などの出来事が有ったにも関わらず、一貫して県内では県南を始めとして実施施設数、実施者数が増加しています。
秋田増加グラフ
 勿論、むし歯予防を始めとした歯科保健対策は、決してフッ素洗口だけで全てという事では有りません。秋田県内のみならず全国的に事業化する自治体が増えていっている事は県行政、市町村行政、教育委員会、地域の歯科医師会などの関連組織の連携が次第に醸成してきている事と察させられます。この事は歯科の領域で言えば今後、成人の歯周病や、高齢者の口腔ケアー、在宅診療や障害者歯科治療などの課題に対して行政、医療機関などの関係団体が連携して地域の人たちの健康を守っていく「医療連携」が実現する第一歩と位置づける事も可能です。
 NPO日本むし歯予防フッ素推進会議の全国調査によると2006年は、全国で491,334名、2008年には672,794名と増加しています。従来は中小の自治体での実施が主流でしたが、近年は京都市が市立の幼稚園から高校まで事業化した事が大きなニュースとなりました。来年度は県庁所在地である松江市でも同様の取り組みが行われるなど、次第に規模の大きな自治体でもフッ化物洗口の実施は進んできているようです。
全国比較0608

また、本年6月に「北海道歯・口腔の健康づくり推進条例」が制定されました。この11条には「道は、幼児・児童および生徒の係る歯・口腔の健康づくりの推進を図るため、学校におけるフッ化物洗口の普及その他の効果的な歯科保健対策の推進に必要な措置を講ずるものとする」とあり、フッ化物洗口の推進が明文化されております。
 中国には「民をして病ましむべからず。これ政(まつりごと)」という故事があるそうです。
 現代の感覚で解釈すれば、医療・福祉が整い、教育・文化が充実していれば住民の民度が高まる。より豊かな地域になって行くだろう。だから、この言葉は「医」は「政」の中心に持ってくるべき不可欠な要件であるということではないであろうか。(無医村に花は微笑む:将基面 誠 著より)
 この言葉は、現代ではまさに生命尊重(村長)であり、地域全体での医療連携、厚労省が健康日本21で提示している「ヘルスプロモーション」を示すものと受け止められます。
 この原稿を書いている丁度今、テレビでNHKスペシャル「セーフテイネットクライシス」が放映されています。番組の内容には、不況による失業がもたらした経済不安(貧困)が子供に対する影響、なかでも医療費の負担についても取材されていました。
 また、10月1日付けの朝日新聞には「拡がる子供の健康較差 病院に行けず、保健室で治療も」という特集記事が掲載されていました。やはり経済格差が進んできているために、それが医療機関を受診出来ないという「健康較差」を生み、治療費がない子供は病院の代わりに保健室で治そうとする。とありました。歯科に関しても「この学校(高校)は全校生徒の4割が生活保護を受けている。歯科検診ではむし歯が8本以上ある生徒が1割を超え、中には20本ある子も……」とあり、改めて厳しい現実を目の当たりにした面持ちです。
 翻って秋田県でも様々な面で抱えている「地域格差」の問題も、「健康較差」の原因となる事は、容易に察せられます。以前このブログでも御紹介しているように秋田県は経年的に見れば依然よりはむし歯は減少してきているとは言え、全国と比較的すると依然として「むし歯の多い県」であるとのデータがでております。
<秋田県のHPにある資料>

 最も効果的と言われるむし歯予防方法は、水道水の中にフッ化物を入れる「フロリデーション」という方法で、同じ水道を利用する人であれば皆等しくその恩恵に浴する事が出来る事から「公衆衛生的な施策」といえます。世界的に見ると健康保健制度の無いアメリカなどでは、フロリデーションが主流となっているようです。日本ではフロリデーションはまだ実現していないため、フッ化物洗口は、現時点で「政」が行う最も効果的なむし歯予防対策であり、健康較差の是正のガードレール、或いは地域の子供たち全体のための医療面での安全保障政策といっても過言ではないでしょう。
 この事は、明治時代「予防は治療に勝る」としてその手だてとして「健康警察医官の設立」を求め、後に公衆衛生活動(保健行政)の重要性を「国家衛生原理」として著した後藤新平氏の持論に通ずると思います。
 秋の夜長、今回はちょっと熱の入ったプログとなりました。また本日、ブログのテンプレートやプラグインを入れ替えてプチリニューアルしました。長文、失礼いたしました。 
 (10月4日、5日、7日 11日 13日 改)

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。