秋田県能代市のみどり歯科医院です。歯を衛(まも)る!健康創造型の歯科医院をめざします。 

一生自分の歯で食べる事が出来る幸せを! 歯科医療はマンツーマンの診療室での「診療」と、地域での保健活動によるゾーンディフェンス「予防」がキーポイントです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

冬本番 

今日1月21日は大寒です。1月10日頃までは余り雪も無く暖冬の趣でしたが、その後はつじつまを合わせるように本格的な降雪と冷え込みです。
 この急激な気候の変化に体がついていけないのか、この1週間の間風邪気味で体調を崩しぎみでした。13,14日の連休は余り外出もせず体調の回復に努めたのですが、なぜか翌日に仕事と共にぶり返した感じです。
電力1

 さて、こんな状態で所要のため1月19日は盛岡へ出かけてきました。今回は電車で行きましたが、途中の角館から雫石にかけては雪の積もり方が半端でない事に驚きました。また、盛岡駅も今はやりの「駅中」のお店がたくさん入ったようでイメージが変わりました。一年のうちで最も寒い時期に当たってしまい、冷気で風邪が悪くならないか心配しましたが、なんとか切り抜けたようです。昨年は余り行く機会が無かったので気がつきませんでしたが、マンションが増えたり以前通ったなじみの店が無くなっているなど栄枯盛衰を感じさせられました。 夜の街はさながら冷蔵庫、いや冷凍庫の中と言った感じでした。足下がツルツルに凍っているので転倒に気をつけながら歩きました。それにも関わらず元気の良い若者の姿が目に付いた感じです。
電力

 東北電力のタワーや城の石垣がライトアップされていて幻想的な感じでした。
昨日は、天気が良く、少し散策しました。途中偶然にも名著「武士道」の著者で「我太平洋のの掛け橋とならん」と語った新渡戸稲造氏の生誕の地を見つけました。雪の中の新渡戸先生も些か寒そうな感じです。
新渡戸

 さて、今週は院内研修あり、学校保険医委員会ありと、仕事スタートです。

スポンサーサイト

PAGE TOP

静かな仕事始め 

1月4日

<1月4日 仕事前のみどり歯科医院>
 本日1月4日は平成20年の仕事始めです。今年は天候が穏やかで正月休み中の積雪も数センチと多くはありませんでした。また休み中は急患の電話も無かったようなので、やれやれと思っておりましたが、良く見ると駐車には車の轍や、入り口までの足跡もあり、来訪者が有ったことを物語っておりました。以前は、年末年始の休みには仮歯がとれたり、また腫れや痛みを訴えてくる急患が必ず何人かいて、押っ取り刀で対応したものでした。当方としてもカルテや薬剤などの準備は整えて休みに入っておりますが、こちらもだんだんと要領を得たのか、仮歯で長期休みにならないよう治療のスケジュールを組むようになりました。また、年末年始で帰省している方の来訪もここ数年はなくなりました。
 さて、今日は一月の初旬としては暖かすぎる気候でニュースでは4月の気温と言っておりました。例年休み明けは新患のラッシュなのですが、今日はさほどではなく、その上、天候が良い割にはなぜかキャンセルも多く、いささか手持ちぶさたな状態で初日を終えました。私を初めスタッフも休みに心身ともに慣れてしまいエンジンがまだ本調子ではないので、この程度がほどよい滑り出しなのでしょうか。ともあれ、幾分ゆっくりのテンポ(Andante位?)で今年のスタートとなりました。さて、皆さまの仕事始めは如何だったでしょうか。

PAGE TOP

平成20年の初夢  

謹賀新年

1月2日2
 
--1/2 米代川と新能代橋--
 新年おめでとうございます。本年もみどり歯科医院をどうぞよろしくお願い申し上げます。さて、今は年末年始休暇を満喫して心身ともにリラックスしております。とは言え、年末に宴会が続いたため、元日は早くも急患日ならぬ休肝日となりました。
昨年の年頭のブログをみると、堅苦しい事を書いていたので、今回はあえて「初夢」といたしました。昨日は神社へ初詣でに参りましたがそこで気がついた事です。
 その壱 ボンネットに「お飾り」をつけている車がほとんど無い。尤もこの10年ほどは自分も付けていません。
 その弐 正月は町の中に二十代の若者がやけに多い、これはふだんいかに若者がすくなかの表れでしょうね。
 その参 当世は正月にしまっている店はめったに無い。以前は「初売り」は2日か3日となっており、秋田市でも元日に開いているのはステーションデパートか広小路の「協同社(なつかしい名前)」と相場が決まっていたものでした。

1月2日2

---1/2 米代川の河口 真ん中の黒い部分は海水が川の水を押して逆流--
そしてまた、時間を持て余しついでに書店に寄ると 「品格」本のラッシュとなっておりました。ご承知のようにベストセラーとなった藤原正彦先生の「国家の品格」からのあやかりなのか、昨年から今年にかけての出版が多いようです。
「品格」とは大辞林によると「その物から感じられるおごそかさ。品位。」との事で、残念ながら自分とは全く欠けたものであることは至るところで実感させられている次第です。
1月2日3

---1/2 釣り船も冬眠中です---
さて、興味本位にどんな「品格」本があるかと調べて見ると、何と100冊以上、そのテーマとしては「人間、日本人、大人、親、男、女性、子供、おやじ、老い、教育、話し方、文字」など、また政治的なものとしては「政治、総理」ビジネスでは「企業、会社、上司、仕事、ハケン」また趣味では「ゴルフ、馬」など、またこんなものまでにと思ったのは「高校生、恋、お金持ち、江戸、腐女子」ほんとうにいろいろなジャンルがありますね。傑作なタイトルと思ったのは「一流の品格、三流止まりの品格」で何やら人生行路を突っ走る「品格」列車が、目的地の「一流」まで乗れるのか、はたまた「三流」駅で切り離されてしまうのかと、以前テレビで観たアメリカ横断クイズを想像してしまいました。
さて、初夢はこれくらいにして、今年のブログの「書き初め」となりました。
08正月1

--1/2 強風押し寄せる日本海の荒波--

PAGE TOP

医院のご 案 内

診療予約

妊婦歯科健診

待合室にAED配備

能代カメラスケッチ

最近の記事

カテゴリー

Weathernews

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。